FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ホラー・オカルト・パニック映画  »  ミスト

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ミスト

ミスト [Blu-ray]ミスト [Blu-ray]
(2009/09/02)
トーマス・ジェーンマーシャ・ゲイ・ハーデン

商品詳細を見る


★★★★☆

ちょっとだけドリーム・キャッチャーを連想させてくれる。

ある田舎町の一角で起きる不可解で異常な事態。
大きな密室となった環境での人間模様は見ていて痛々しい。

テーマは愛でも正義でもなく性悪説的なものか?
中には現代社会に訴える描写もちらほら。

ラストシーンは手前で引っ張りすぎて読めてしまうものの後味の悪さは一級品。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
一番怖いのは人間
これほど救い様のないバッドエンドな作品もなかなかないですね。
事前に調べて知ってても2、3日はショックを引きづりましたから。

原作はホラーの巨匠スティーヴン・キング氏の短編ですが、ラストは象の様な超巨大な怪物と遭遇した所で終わってるらしいですね。
それに監督のフランク・ダラボン氏が「最後は主人公だけ生き残って、軍隊が他の人達を救出するってのを追加したら面白いんじゃね?」と提案したら、以外にもキング氏が「いいねえYOUそれでやっちゃいなYO!」となってあの終わり方になったそうです。

ラストには賛否両論、いや否定的な意見の方が多い様ですが、個人的にはあれでいいと思います。
全てを失った主人公の脇を軍隊に救助された人達が横切る、皮肉にもその中には一番最初にスーパーから脱出した女性がいた、おそらくスーパーに残った人達も救助されたでしょう。
主人公の行動は結果的に間違っただけであり、誰にも彼を責める事は出来ません。
しかし彼は死ぬまで自分で自分を責め続ける事でしょう。

この作品が伝えたかったのは「一番恐ろしいのは結局人間そのものである」ではないでしょうか?

皆さんはどの様に感じましたか?
Re: 一番怖いのは人間
≫マロさま

割りとスパイスや苦味が効いた作品も多いですもんね。
しかも深さも加わってくるので油断ができないです。

ショーシャンクの空にのような作品も手がけてるなんて一体
普段何を考えて生きているのでしょうか(笑)

『ドリーム・キャッチャー』などは本当もう異色作過ぎて。。。お勧めです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。