HOME   »  2014年12月
Archive | 2014年12月

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

殺人魚獣 ヘビッシュ


殺人魚獣 ヘビッシュ [DVD]殺人魚獣 ヘビッシュ [DVD]
(2014/12/03)
エイラ・ケル、アントニオ・ファーガス 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

アメリカ・ルイジアナ州の静かな町。
遺伝子操作した雷魚の卵が運送中のトラックで孵化し、ドライバーを喰い殺す
という事件が起きた。その瞬間、長年の呪いが目を覚まし、町に不穏な空気が流れ始める。
同じ頃、アシュレイ(アイラ・ケル)とクリス(デイヴ・ランドルフ)は友達数人とボートでバカンスを
楽しんでいたが、川で溺れかけていたハンターのブルータス(ジミー)と遭遇。
この沼地に巨大な殺人魚がいることを知らされたアシュレイたちは、その場を立ち去ろうと
するが一瞬の隙をついて仲間の一人が餌食になってしまう…。
果たしてこの殺人魚の正体はー。

なんだかレトロでパンキーなジャケットかつ入荷本数が一本という本作ですが
蓋を開けてみたら普通にSyFy作品でした。内容も普通なのでもうちょっと
入荷があっても良かったんじゃないかなぁと思いました。

今作品はちょっと面倒な人間ドラマや恋愛事情などは絡めつつ進行します。

場所がちょっと奥地的な沼が中心となり、若者のバカンスとしてはさほど
盛り上がるロケーションでは無いですね。
そんな中でもなかなかのセクシーダイナマイツなキャラが登場したり
馬鹿げなタフガイが登場したりと役者は揃えてきています。

当のヘビッシュさんなんですがライギョの体が伸びた風体。
序盤から割りと惜しまずに登場してくれます。

ただの薬品での進化モンスターとして描かれているのですが、なぜか
オカルト的な設定も邪魔してその正体が邪魔にわかりにくい印象でした。

沼に古くからある呪いや雷魚駆逐用の薬品、そしてキャラ設定など、
イマイチ回収されない伏線も多くなっていました。

もっとストレートに暴れて人間との激突を繰り返してくれたほうが良かったかも?

耳の遠いボケ気味な婆さんがノリよくマシンガンをぶっ放すシーンや、
軍隊が沼地を容赦なく空爆してくるシーンなど、盛り上がる要素があった
だけにすこし残念な脚本となりました。

ただ、空爆シーンで映しだされた戦闘機はあきらかに曲芸飛行の映像でした。
雷魚のビジュアルはまぁまぁでしたが細部にまではこだわれない作品でしたね。


お暇なB級映画ファンは普通に楽しめるかと思います。


さて、おそらく今回が年末最後の更新となりますでしょうか。
生活の忙しさと転職などが重なり、さらに更新頻度が落ち着いてしまいましたが
来年もゆったりまったりと映画ライフを楽しみたいと思います。

どうか皆様も良いお年を。
2015年が素晴らしい年になるようお祈り申し上げます。





イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

スポンサーサイト
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。