HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アクション・スピード系・アメコミ映画  »  ジャッジ・ドレッド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ジャッジ・ドレッド


ジャッジ・ドレッド [DVD]ジャッジ・ドレッド [DVD]
(2013/06/26)
カール・アーバン、オリヴィア・サールビー 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

国家も政府も亡くなった荒廃した未来。唯一存在する都市メガシティ・ワンでは、
刑執行の権限を与えられた集団「ジャッジ」が正義と秩序を守っていた。ジャッジの
ナンバーワンとして知られるドレッドは、新人ジャッジのアンダーソンを連れ、
ギャング一味が支配する200階建ての高層ビルに乗り込む。ギャングのボス・ママは、
ビルの全住人にジャッジ抹殺命令を下し、ドレッドとアンダーソンは多勢に無勢の
壮絶な戦いへと突入し、絶体絶命の危機に陥る。

カール・アーバン(『プリースト』、『RED/レッド』など)
レナ・ヘディ(『300』、『ブラザーズ・グリム』など)
オリヴィア・サールビー(『ダーケスト・アワー』など)

スタローン主演の同名映画のリメイクですね。
スタローン版とは全く違った見せ方の映画です。
一瞬でも出てきてくれたらさらに盛り上がったんだけどなぁ。

っていうか全体的にはかなり面白い映画でした。
きっと個人的な趣味にハマったんだと思います。

荒廃しながらもハイテクが溢れた世界観というのも好きですし、
悪を容赦なく裁く『ジャッジ』という存在もいい。
全体の凶悪犯罪の検挙率が6%という恐ろしい世界観の中での暴力描写や
映像表現にこだわりを感じる作りになっています。
グロい映像にも大きなこだわりがありましたんので出血が苦手な人は
注意が必要です。


適性試験はギリギリ不合格ライン、しかし特殊なテレパシー能力を持つ
新人ジャッジ・アンダーソンの最終的な合否判断を任されたのは、冷淡だが
超優秀なジャッジ・ドレッド。
二人が任務で向かった巨大ビル・ピーチ・ツリーで検挙した犯人が、ある凶悪な
麻薬組織のメンバーだったからさぁ大変。
組織のボス・ママの策略でピーチツリーの内部に閉じ込められた窮地の二人が、
襲い来る無数の襲撃者と闘いながらサバイバルを行なっていきます。

まず主人公ドレッドの無双っぷりが半端ではなく、その攻撃能力たるや
ほれぼれするものがありました。ロボコップやパニッシャー的な感じでしょうかね。
常にヘルメット姿の彼の中身はカール・アーバンなんですが一切そのお顔を
拝見することはありません。


そしてオリヴィア・サールビー演じる新人ジャッジアンダーソン。
うーん、可愛い。役を演じていない時のオリヴィアさんはなんだか爬虫類ぽい
感じなんですがこの映画の中での彼女はとってもお気に入りです。

超能力者である彼女の特徴を生かした演出もきちんと用意されていますね。

クライマックスまでの主役二人の交流は非常に淡々としているんですが
着々と信頼関係を築いていきます。

そして敵のボス、レナ・ヘディ演じるママは超サディストで超クール。
元娼婦だった彼女は男の暴力により顔に傷を負うが男のアレを食いちぎる
ことで反撃、その勢いでか男のシマを奪い取りいつしか巨大な麻薬組織の
トップに…という設定。
確かにカリスマ性や恐ろしさにあふれた彼女だったのですが、最期まで
「あくまでただの人」だったのは残念ですね。


もう一つ彼女に花を持たせることで映画が盛り上がったのではないでしょうか。
実質援軍のジャッジが実は・・・ぐらいのところがクライマックスだったんでしょうね。

アクション映画としては全体的に非常に良質です。
スタローン版とは切り離してお楽しみいただきたいどすえ。



関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。