HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級巨大生物映画  »  アックス・ジャイアント

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

アックス・ジャイアント


アックス・ジャイアント [DVD]アックス・ジャイアント [DVD]
(2013/11/02)
ジョー・エステヴェス、ダン・ハガティ 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

犯罪者厚生プログラムの一環として、山奥に連れて来られた若者たち。
鬼教官の厳しい指導に耐えかね、彼らは脱走を図る。
しかしその森には、恐ろしいモンスターが潜んでいた―! 巨大な斧を持つ6Mを超える巨人。
ヤツは、地元で古くから語り継がれてきた、樵の姿をした巨人ポール・バニヤンなのか?
巨大な体から振り落とされる斧の前に次々と彼らは命を落としていく。
果たして彼らは、生きてその土地から脱出することが出来るのか?
そして伝説の巨人はなぜ目覚め、怒りに満ちて彼らを襲うのか―?

んほーーー!糞CG映画だよぅ!!

あれですね。
ストーリーとしてはあらすじで見る通りなんですが、物語の中心となる
巨人は実はそんなに獰猛で恐ろしいやつではないのです。が、
若者グループの一人が、かつて巨人の親友だった青い巨大牛の墓場から
ツノを持って帰ってしまったことで巨人が激怒、その後執拗な追撃を
受けるようになります。

「じょーだんやがな~~、ちゃんと返すがな~~」は通用しない。
もう問答無用で激おこプンプン丸なのであります。

巨人が斧持ってブンブンという設定に喜びながらも正直CGや映像効果には懐疑的。
最初っからそのクオリティは疑ってかかったDVDでございました。

蓋をあけてびっくり、まさに糞CG映画!

本当もうどうしようもないほどの映像技術です。
巨人の大きさが定まらないのはもちろん、全体的にものすごくチープな出来。
特にひどかったのは巨人の親友の牛のCGですね。本当もう人形劇かよといったところ。


あとは基本的にでかい着ぐるみを適当なクロマキーで合成した映像がダダ流れ。
演者さんも頑張ってはいるものの設定だけが先走るのでまったく個性が活きません。

ただ、逆にここまで前時代的なCGが見れるなんて逆に嬉しいのかもしれない。

いつしか僕らは現実とかけ離れたSFやCG技術に慣れてしまい、もっと大切な
何かを何処かに忘れてきてしまったのではないだろうか。

喧騒たる時代にいつしか心はやせ細り、TVに映し出されるどうでもいいはずの
情報に一喜一憂する毎日が当たり前になってしまったのではないだろうか。

思い出そう、あの海を。思い出そう、あの切なかった星空を。
最後に友と笑ったのはいつだろう。最後に家族の愛に触れたのは

うるせーーー!!!

こんな感じで行数稼ぐ程度の映画ですよ。

まぁネタバレするとラストはババーンとチープなハンター(軍人?)たちに
蜂の巣にされてしまう巨人なのですが、その昔恋心を寄せていたメイベル(違うかも)の
名前を叫びながらその生涯を終えるのですが、その時の表情が良かったです。

B級映画フリークの皆様にとっても少々厳しい作品かと思います。
ネタ的にどうしても抑えておきたいという方にだけどうぞ。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。