HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  ディセント・ザ・ダークサイド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ディセント・ザ・ダークサイド


ディセント-ザ・ダークサイド- [DVD]ディセント-ザ・ダークサイド- [DVD]
(2013/10/02)
クリス・クリーブランド、マシュー・アラン 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

地獄と化した洞窟で何が起こったのか―?
父親の葬儀で墓に来たテッドとブラッドたちだが、墓の近くの地面が突然崩れ落ち、
地底の洞窟へと転落してしまう。するとそこには、人が滞在していた形跡があり、
洞窟の壁には、さらに奥を覗けるような小さな穴が開いていた。
絶えずその穴からは風が吹いてきており、テッドたちはハンマーやドリルでその穴を
拡大しようと試みる。やっと人ひとりが抜けられそうな大きさになった時、テッドたちは
その中にもぐりこんで行くが、突如、人間ではない“何か"の襲撃を受け、次々と命を奪われてゆく…。

これじゃないシリーズ。

全くもって本家ディセントとは関係のないパチもんです。
内容を期待して手にとったかたはずいぶんと肩透かしを食らってしまったでしょうね。
もしかしたら最後まで再生できなかった人も多いのではないでしょうか。

まず映像のクオリティが低い。
久々に見た低画質です。洞窟も他の映画に比べるととてもちゃちぃです。
その上演者さんもなんだか下手くそに見えます。
序盤からかなりシリアスにドラマ展開させているのにオカマの穴掘りさんが
登場するなど、不思議な緩急が用意されていました。

物語としては、たまたま兄弟が墓参りの時に見つけた穴に潜り込んだら不思議な
奥行きがあり、探究心からその奥へ進んでいくと何か怖いものが出てきそうっす。
という展開。

しかし物語のほとんどは兄弟の会話や喧嘩、そして絆を表すシーンだったりします。
なので映像的にはとても退屈で見るに耐えません。

後半は洞窟から何かが出てきて周辺の人間を襲う。という流れになるのですが
その何かが映し出されるのはラストあたりでちらっとしかないのでテンションが
あがりません。

最後は割りと急ぎ足でパパっと終わるんですがまったくもって余韻は残りません。
ところどころちびっとだけ面白い素材があったりするのですが私個人としては
非常に退屈で低クオリティな作品だと感じています。

★一つでもいいくらいの内容なので年末年始が暇な人でも手に取るのはおすすめしません。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。