HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級巨大生物映画  »  パニックマーケット

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

パニックマーケット


パニック・マーケット3D Blu-rayパニック・マーケット3D Blu-ray
(2014/02/08)
ゼイヴィア・サミュエル、シャーニ・ヴィンソン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

イタリア、ロシア、アジア各国を巻き込んだ悲鳴の連鎖反応! 恐怖のスーパー
マーケットから生還出来るのか! ?洪水に飲み込まれた一軒のスーパーマーケット。
密室状態の空間で、次々に襲いかかる巨大人喰いサメ! 殺人カニの大群! 高圧電線!
殺人鬼! 戦慄と恐怖の連続が見る者を恐怖のどん底に引きずり込む! !

ある種変わり種のサメ映画ですね。

ジャケットだけ見ると他にもカニやら殺人鬼がワラワラ出てくる!
的な表現で楽しそうなんですが基本的にはサメが主役。

冒頭、ヒロインティナと彼氏ジョシュ、そしてヒロインの兄貴がキャッキャしてるシーンで
始まるのですが、突如現れたサメにより幸せムードが一転、惨劇の始まりとなります。

が、そこで『おんどりゃー魚野郎が!兄貴の敵のタマとったるけぇのぉ!!』と
なるのではなく、しばらくの月日が経過します。

そして事件後、ジョシュは自責の念もあってかティナと別れ、スーパーの店員として
なんだか抜け殻のような生活を送っていましたがティナと再会します。
複雑な表情でモジモジするのもつかの間、同時に居合わせた強盗犯にティナが
人質に取られてしまします。

そして間髪入れずに発生する巨大地震!阿鼻叫喚の人々!
さらにやってきたのはこれまた巨大な津波!さぁパニックマーケットの始まりだ!

と、高めのテンションで始まったあとは結構人間ドラマが展開されます。
主人公とヒロイン、強盗(いいやつと悪いやつ)、複雑な親子、バカップルなど、
それぞれがそれなりの質感のドラマを進行していきます。

となるとどうしてもダレ場が多くなってしまいそうですが、結構
いい具合にサメさんのお食事シーン(グロ少なめ)が盛り込まれたり、
脱出しようとしたルートでカニの大群に襲われたりとなかなかのアトラクション。

私としてはサメ対策の手作りチェーンメイルで奮闘するところやバカップルの
本当に頭の悪そうなやりとりなんかが好きでした。

ありえないようなことを盛り込んで観客を楽しませようとしてくれるのは
この手の映画としてはとても嬉しいですね。

王道的な展開でありながらも、アトラクション映画として楽しむ分には
十分な内容だったかと思います。海洋映画としてのロケーションやダイナミックな
映像展開というのはないのですがサメ好きにもパニック好きにもそれなりに
おすすめできる内容だったかと思います。


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
こんにちは、お久しぶりです。
これはなかなか楽しめましたね!
いろいろな事が起こって、ダレることもなく最後まで鑑賞できました。

13人もいるのでもっと死にまくるかと思ったのですが、意外と少なかったですね。ただ、結構生かしてあげたい人が多かったですけど。

刑事をパパに持つ女の子が、パパに代わって飛び込むところや、手作りアクアラングのシーン(何ともいえない悲惨さだ)などがお気に入りです。

トラックバックさせて頂きました。
Re: こんにちは、お久しぶりです。
白くじらさんお久しぶりです(^^)!

意外と楽しめた作品でしたよね。
パニックシーンもそうですがジョークが多かったのも○です。

ああいった狭いロケーションでのパニック映画は緊張感もありますね~。
Trackback
悪事を働けば、天罰がくだる! 公開年2012年BATI制作国オーストラリア、シンガポール監督キンブル・レンドール原案制作ゲイリー・ハミルトン制作総指揮ラッセル・マルケイ脚本ラッセル・マルケイ、ジョン・キム撮影ロス・エメリー音楽ロバート・マッケンジーamazon.co.jpで…
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。