HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  バイオ・インフェクション

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

バイオ・インフェクション


バイオ・インフェクション [DVD]バイオ・インフェクション [DVD]
(2014/02/05)
ダグ・チャップマン、カイラ・ザゴルスキー 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

生物化学兵器に感染し、殺人マシーンとして死んでいった仲間の無念を
晴らすために戦う男を描くアクション。軍上層部が仕組んだ生物化学兵器の
人体実験に巻き込まれ感染し、凄惨な殺し合いの犠牲になった兵士たちのため、
生き残ったジョンは復讐を誓う。

ゾンビカテゴリにしていますがゾンビではないです。

っていうか敵がなかなか出てこねぇ。

ジャケットとかジャケ裏なんかのクオリティがそこそこなのに中身が伴っていません。
一番致命的なのが出演者の演技力。
テレビムービー的なB級作品は演者さんの質がどんどん上がっている反面、
こちらはただの低予算映画という感じの質感です。

たとえそうでも敵の迫力やアクションシーン、演出などでカバーできる
作品もあるのですが、この作品はいまいち何が見せ所なのかがわからないですね。

無人島で行われていた「兵士を凶暴化させる」生物兵器の実験の生き残りが
主人公なのですが、のっけから一般人に翻弄されているという始末。
最強のソルジャーらしい戦いっぷりも見えません。

ヒロイン(DVDジャケットの人)の演技も見た目の雰囲気に伴わず残念でした。
ちなみに主人公のマッスルボディもいっその事もっとセリフを少なくして
寡黙な凄腕ソルジャーみたいにしたほうが良かったんじゃないかと思います。

遭遇する敵さんの雰囲気はよしとして問題はその数。
この手の作品で敵の登場シーンが少ないとなるとどうしてもダラダラした
時間が長くなってしまいます。

カナダ作品とのことですが、「ゾンビーノ」や「悪魔の毒々バーガー」みたいに
コメディ要素を加えた作品は結構面白いんですけどね~。

雰囲気勝負のゾンビ映画が多いのが持ち味なんでしょうがもうちょい頑張っていただきたいです。








関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。