HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級巨大生物映画  »  レイク・モンスター 超巨大UMA出現!

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

レイク・モンスター 超巨大UMA出現!


レイク・モンスター 超巨大UMA出現! [DVD]レイク・モンスター 超巨大UMA出現! [DVD]
(2014/05/02)
ドルフ・ラングレン、スコット・アドキンス 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

動物学者のトラヴィスの元に、大手建設企業からある調査依頼が舞い込んだ。
湖近くの建設現場で、大きな生き物に食いちぎられたような遺体が発見され、
次々と作業員が犠牲になっているというのだ。偶然撮影された映像には、全長6メートルを
優に超える謎の未確認生物が映っていた。早速、現地へと向かったトラヴィスだったが…。

ドルフ・ラングレン、スコット・アドキンスの共演で贈るモンスターアクションです。

が、全体的に盛り上がりに大いに欠ける作品でした。
舞台が中国で絵的にも地味な感じ。
モンスターものによくある「ノリ」みたいなものも少なかったですね。

主役二人は思想や活動の違いからか過去より敵対する関係で、
作品の各所でもいがみ合っております。
このへんのドラマ性はどうでもいいのですが、二人の傍らにいる
アジア美人はなかなかのものでした。

っていうかどうせこの二人を使うならめっちゃノリのいいコンビがモンスターと
派手に戦っちゃう内容のほうが楽しんで見れたのではないだろうか。


肝心のモンスターはトカゲのでかいやつって感じです。
あれだけの煽りで出てくるような大物ではないですね。
映画冒頭に映しだされた巨大な熊のほうが怖いのはもう致命的。

脚本、演出ともに疑問が残りますが、映像や映像効果については及第点かと。

じめじめした梅雨の時期に入りましたし暑さをぶっとばすような
爽快なB(バカ)級映画と出会いたいものです。

まぁ時間ないけどね~~~!!

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。