HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アクション・スピード系・アメコミ映画  »  ニード・フォー・スピード

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ニード・フォー・スピード


ニード・フォー・スピード ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ニード・フォー・スピード ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2014/11/05)
アーロン・ポール、ドミニク・クーパー 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

天才カー・エンジニアにして、比類なきドライビング・テクニックを持つトビーは、
親友を死に追いやり、無実の罪で自分を陥れたかつてのパートナー、ディーノに復讐を誓う。
ディーノを破滅させるためには、芸術的なまでにチューンアップされたスーパーカーたちが
超高速で公道を駆け抜ける禁断のストリート・レースで勝利するしかなかった。
勝つためには手段を選ばないライバルたち。そして、伝説的レーサーであるトビー逮捕に
執念を燃やす警察。 絶体絶命の状況下でゴールを目指すトビー。
その向こうで彼を待つのは、栄光か?それとも、破滅か?…

ザ・直線番長!日本車皆無!

さて、久々のレースものをちょいと見てみました。

ブガッティにマスタング、ランボルギーニにサリーンなどなど、僕なんかが一生
かかっても触れることができないようなスーパーマシンが数多く登場します。

冒頭、なんやかんやで金持ちのディーノともめる主人公トビーは、公道レースで
親友を失ってしまうんですね。この時死んでしまうピートという弟分はもう最初っから
死亡する匂いがプンプン、フラグもビンビンなのであります。

「なぜこんなことに!うそだ!」と嘆く主人公…。です、が。
実際のところ公道で何百馬力もある超絶マシンでべた踏みレースすればそりゃ死ぬだろう。

映画の中でも彼らに巻き込まれた事故車があふれていましたからね。
彼らじゃなくても周りが死んでいたかもしれないというレベル。

ということでこの事故の責任などなどすべておっ被せられたトビーは2年の
服役を得て出所。仮釈放中でありながらも無念を晴らすために公道レース
参加を目指します。うーん、実に懲りていない。

この時、自然と以前のチームが再結成されていくところは面白いですね。
その内の一人は企業に就職していたにもかかわらず、素敵な退社方法で
チームに戻っていきます。レース以外のシーンでは一番盛り上がったところ
かも知れませんね。


イモージェン・プーツ演じる可愛らしくも芯の強いヒロインジュリアを含め、
なかなかに素敵なキャラクターが揃っていました。
が、ずいぶんな活躍なのに背景がわからないキャラもいましたね。
悪役ディーノもなんかこう設定が少なくて悪さ加減が足りない、チームを
空からサポートする陽気な黒人も不思議なほどの活躍ですが多くを語られていません。

トビーの元恋人でありディーノの婚約者、なおかつ死んだピートの姉となる
アニーは、その類まれに恵まれたキャラ設定からは信じられないような活躍の
少なさでした。まさに飾りといったところ。


ま、結局のところ一台が億クラスのスーパーカーが公道を爆走し、
クラッシュや警察とのカーチェイスを繰り広げるところが見どころでしょうし
大した設定など必要ではないのでしょう。

だいたいがレース参加のために街中や警察車両をめっちゃめちゃにしたトビーが
ああいうラストシーンになるわけはないだろう。


最後に気になるのはあのスーパーカーたちがどこまで本物なのかなというところ。
多分シャシーは完全に別物で側だけのハリボテ…だよね~。

やっぱあれだ、日本車がたくさん出てきてドリってる映画のほうが好きですな。


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。