HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級SF・パニック映画  »  ウォー・オブ・ザ・ワールド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ウォー・オブ・ザ・ワールド


ウォー・オブ・ザ・ワールド [DVD]ウォー・オブ・ザ・ワールド [DVD]
(2015/01/07)
ケリー・フー、ロバート・ピカルド 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

地球侵略を謀るエイリアンとの宇宙戦争を描いたSFアクション。
地球に接近する謎の小惑星の爆破を命じられたウィーラー大尉たち。
だがそれは小惑星ではなく、エイリアンが送り込んだ巨大母船だということが判明。
地球は絶体絶命の危機を迎える。

だらだらするよ!

序盤、地球に接近する小惑星の破壊作戦で宇宙に飛び立つウィーラー大尉ら。
途中、何故か着陸地点の計算が狂い、小惑星への不時着を余儀なくされます。
それもそのはず、その場所は地球を襲いに来たエイリアンの母船だったのです。

時を同じくして地球に飛来するロボットに虐殺される人類。
軍も為す術がなく、不利な状態が続いていきます。

小惑星破壊チームはというと、エイリアンの攻撃を避けながらたどりついた
ワープ装置により、敵の本拠地である惑星にたどり着くこととなります。
そこで見たのは敵のロボットによって連れ去られてきた人類だったのです。

その後、地球側で編成したチームを敵の本拠地へ送り込む作戦が展開。
果たして滅ぶのは敵か、人類か。。

序盤からの盛り上げはいい感じ。

例によってアルマゲドン、及びその偽物作品と同じような盛り上げで開始
されますので盛り上げ感はいいです。

セットや衣装、CGについてはもともとハイクオリティを求めてはいませんし、
アサイラムらしいまぁまぁの質感だったので時に気にはしませんでした。

ただ、中盤以降同じようなシーンの繰り返しになってしまったところや、
場面の切り替わりによって話がわかりにくく、だらだらしてしまったところは
ざんねんです。

どの場面でも仲間が容赦なく減っていくところや、敵の数や強靭さに
対しての絶望感はよく出ていましたね。
宇宙側の主人公は最後までいいところがありませんでしたし、
子を失い、状況に絶望しきった女性を自らの手で殺害してしまうなど、
主人公にあるまじき行動を見せてくれます。


一方地球側の主人公は消防士ながら、類まれなタフさと行動力を
見せてくれました。常に娘さんへの愛がいっぱいのパパでしたので
ラストシーンも少しだけ濃いものになっています。

ドカンドカーンと盛り上げるだけのB級SFではなく、全体的に
結構ビターな感じに仕上がっていました。


ギリッギリに星3つぐらいの作品ですが、B級SFが好きな人には
ちょうどいいかもしれませんよ。


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。