HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  サスペンス・ミステリー映画  »  羊たちの沈黙

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙 [Blu-ray]羊たちの沈黙 [Blu-ray]
(2010/07/02)
ジョディ・フォスターアンソニー・ホプキンス

商品詳細を見る


★★★★☆

やはり素晴らしいに尽きる。
アンソニー・ホプキンスの登場シーンから鳥肌。
表情、立ち振る舞い、そしてスマートさが秀逸。
音楽も良いです。

と、今考えても素晴らしいシーンは多いがちょっと描写不足とかいらないシーンとかもあるかな~と。
捕まえるべき殺人鬼と同じくらいレクター博士が殺してるところはちょっと面白い。

さて、続編ももう一回見てみよう。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
色褪せない名作
14、5年前に友人がWOWOWで録画したVHSで観て以来、2度目の鑑賞となります。

1度目はレクター博士のインパクトが強すぎて、他のキャラの印象が殆どなかったですが、今回はクラリス役のジョディ・フオスターやバッファロー・ビルなど、全てのキャラに注目して観ました。

ジョディ・フォスターはアンソニー・ホプキンスという超名優相手に、一歩も引かない体当りの演技でとてもよかったですね、他のキャラもこの2人程出番は多くないながら、それぞれきちんと演じ切っていて作品の質をワ大きく上げています。

ちなみにアンソニー・ホプキンスは監督の指名だそうで、「何故自分なのか?」と聞かれて「エレファント・マンの医師役がとても温かみを感じたから、レクターにも狂気の奥に潜む温かみを表現して欲しい」というのが理由だそうです。
実際「狂気の奥に潜む温かみ」は十分表現出来てました、さすが名優アンソニー・ホプキンスですね。

この作品は公開が91年でもう21年も前なんですね、メイキングで「10年後も色褪せない作品にしたい」と製作陣が語っていましたが、実際今観ても色褪せないどころか逆に斬新さすら感じますよ。

サスペンス、サイコサスペンス、サイコスリラーはグロが少ない(殆どない)分、出演者の演技が重要になりますが、その点で今作は完璧と言っていいでしょう。
演技だけでなく演出、美術、音楽のどれもがハイレベルで、まさにいつまでも色褪せる事のない名作です。

さて次はハンニバルとレッドドラゴンを観ますかね。
Re: 色褪せない名作
≫マロさま

いいですね~。実に良いシリーズです。
私もとってもお気に入りです。
全作品好きで…あ、ハンニバル・ライジングってのもあったか…。

二作目での主役交代はちょっと残念でしたが十分に楽しいです。
レッド・ドラゴンでのエドワード・ノートンの味もなかなか。

永久保存しておきたいシリーズですねぇ。。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。