HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ホラー・オカルト・パニック映画  »  ゴシカ

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ゴシカ

ゴシカ [DVD]ゴシカ [DVD]
(2009/07/08)
ハル・ベリーペネロペ・クルス

商品詳細を見る


★★☆☆☆

信奉するダークキャッスルの映画の中でも指折りの豪華キャストですが正直いいますと。。。

舞台はウッドワード女子刑務所精神科病棟。
主人公であるミランダ博士(ハル・ベリー)は、上司であり夫でもあるダグラスの指導のもと、精神を病んだ女囚たちの心理分析と治療を行っていた。
中でも要注意精神疾患である女囚クロエ(ペネロペ)に手を焼いていた。
ある日、土砂降りの雨の中車で帰途についたミランダは、不思議な少女を避けて車を大破させてしまう。
少女は無事だったが目の前で突然炎上、そして次の瞬間、ベッドの上で目覚めた。
そしてそこは自分が勤務する精神病棟だったのだが。。。

当時の劇場公開予告ではかなりワクワクしました。
視覚的に精神をザラつかせる演出はとても評価できます。

でも大事な脚本に違和感があったり納得しにくい点があるなどしてなかなかすっきりはできない映画ですね。
不条理かつ「見えない悪」が潜む映画としては日本のスリラーを彷彿とさせます。

ですので日本で本気のリメイクをすればもっとオドロオドロシイ作品になるのではないでしょうか。

薬でやられてたロバート・ダウニー・jrとのシーンで腕を骨折したのは有名な話。
また、当のロバートはこの映画のプロデューサーであるスーザン・レヴィンと結婚。
(キスキスバンバンあたりから知り合いなのか…?)

今の彼の爆発的な人気には奥様のパワーもあるのでしょう。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。