HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ホラー・オカルト・パニック映画  »  0:34 レイジ34フン

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

0:34 レイジ34フン

0:34 レイジ34フン [DVD]0:34 レイジ34フン [DVD]
(2006/07/19)
フランカ・ポテンテヴァス・ブラックウッド

商品詳細を見る


★★★☆☆

日本式ゴーストホラーかと思いきやまったくの別物でした。
ディセントの敵が一匹地下鉄に出てくると思えば良いです。

まさに突っ込みどころ満載。
主人公らの不可解な行動はむしろアメリカホラー映画らしいとも言えます。

こういう映画を観るときに考えることはやはり「自分が主人公の立場だったらどうするか」
私個人としては…

1.敵の数・戦力の把握
その後逃げるのか、戦うのかを決定づけます。
2.武器は手に入るのか
何もなければ戦えません。生き残るためにはまず武器を!
3.仲間はいるのか
戦力にもなりますしいざという時には囮として差し出しましょう。

上記を確認した上で全戦力を持って敵を撃破、殲滅した後にリラックスした気持ちで脱出したいものです。
でも実際映画の主人公がそれを実行するとラストシーンで生き残りの敵が登場します。アーメン。

敵の設定やらなんやかんや不思議な点はありますが観て損はしない映画でしょうかね。


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。