HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アクション・スピード系・アメコミ映画  »  パリより愛をこめて

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

パリより愛をこめて

パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2010/09/15)
ジョン・トラボルタジョナサン・リス・マイヤーズ

商品詳細を見る


★★★☆☆

リュック・ベッソン&ピエール・モレルの新作です。
リーアム・ニーソン主演の「96時間」で世界を興奮させたコンビが
こんどはクセモノ「ジョン・トラボルタ」をメインに暴れてくれます。

リース・マイヤーズ演じる大使館員(実はCIA諜報員)リースとトラボルタ演じる
破壊工作員ワックスの凸凹コンビがフランスを舞台に大暴れ。

二人ともとっても魅力的な表情や動きを魅せてくれました。
特にトラボルタについては、冷徹・冷静な破壊者でありながらコミカルで
人間臭い、なんというか人懐っこいキャラクターで面白かったです。

お家芸のカーチェイスはもちろんのことガンアクションやジョークシーンなど、
アクション映画に必要な要素は十分に与えられているかと思いますよ。

トラボルタの過去や現在のキャラクターの要素、そしてクライマックス周辺の
ヒロインの想いや過去、そして敵の全容などいった、本来必要であろう物語説明は一切無し。
なので「お、お?あ~…あ!?」という感覚で一気にエンドロールに行ってしまいます。

しかしこれは、「主人公(リース)目線」から観たイメージで作られたと
考えれば自然なことではないでしょうか。
諜報員でありながら地味な活動ばかりで不満を持っていた主人公が、
ある日突然ワックスという無茶苦茶な相棒と共にテログループとの戦いに
巻き込まれるのですから作中のスピード感は間違いではないかと思います。

ちょっぴりチャイナと中東にケンカを売ったような表現もありますが
気にせず観てやってくださいませ。

お勧めのアクション映画でございました。
ただまさかの続編や「もっと面白く!」のワガママを込めて★みっちゅ!


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。