HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  SF映画・ロボット・宇宙  »  月に囚われた男

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

月に囚われた男

月に囚われた男 [Blu-ray]月に囚われた男 [Blu-ray]
(2010/08/11)
ケヴィン・スペイシー(ガーティの声)サム・ロックウェル

商品詳細を見る


近未来、エネルギーが枯渇した地球へ新資源のヘリウム3を地球に送るため
「ルナ産業」から月へと派遣された宇宙飛行士のサム。
「街の模型作り」と植物の育成、そして人工知能ロボットガーティとの
会話で気を紛らわせながら愛する家族との再会を心待ちにしていた。
そして3年の契約期間が残り二週間に迫った頃、自身や環境に変化が訪れる…。

月です。

暗く静かな環境ですが美しく表現されています。
通信機器も故障中でリアルタイムな通信もできない月面基地で
孤独に耐えながら黙々と仕事に当たる主人公をサム・ロックウェルが
演じています。

冒頭、SFスリラーチックに始まりますが、あまり考える必要はありません。
謎解きの要素は特に無く、主人公の行く末を見守る展開に心を奪われます。

切なさや哀愁が画面いっぱいに広がる作品ですが、鬱展開は免れています。
「もし自分だったら」を考えるのもこの映画を楽しむ大きな要素ですね。

また、人工知能ロボットガーティの「声」役のケヴィン・スペイシーがこれまた素晴らしい。
時に不気味な印象さえ与えてくるガーティだが、その人間味の溢れる判断力や
「表情」は観る人に大きな印象を植えつけたでしょう。

前半やや眠たくなるような流れに心配がありましたが観て良かった作品です。
ちょっと静かに宇宙を感じよう、そんな時に観たいですね。




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。