HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級巨大生物映画  »  キラー・シャーク 殺人鮫

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

キラー・シャーク 殺人鮫

キラー・シャーク 殺人鮫 [DVD]キラー・シャーク 殺人鮫 [DVD]
(2006/01/18)
ウィリアム・フォーサイスジェフリー・コムズ

商品詳細を見る


★★☆☆☆

サメ映画ってもうめっちゃたくさんありますよね。
金字塔ジョーズしりーずにディープブルーなんていう快作もあります。
B級にしてもシャーク・アタックとかブルーサヴェージなどがドンドン作られています。

しかしこの映画は違う。
何が違うってサメであってサメではないのだ。
原題は「SHARK MAN」。

うん、サメ男。

作中の悪役であるマッドサイエンティストが生み出した
仮面ライダーも真っ青なネーミングの半鮫人が大暴れします。

でも大人の事情なのか全身が映されることはありません。
この映画で注目すべきはこのサメ男だけではなく登場人物
達の意味不明な行動や設定。

モンスター映画ですからどんどんお亡くなりになる方もいるのですが
その死に方一つとっても不思議な映画です。

悪役博士の『サメ男の子孫を残すんや~!新人類の誕生や~!!』と
いう異常な目的だけはハッキリしていて分かりやすいです。
生理的にうっと来る描写もありましたね。

ロケーションが意外に綺麗な上に役者もしっかりしている、
そして機材やカメラワークも悪くないのですが間違いなくB級映画です。
せっかくシュモクザメとの配合で生まれたという設定を持つサメ男
なのですからもっと丁寧にデザインやメイク作りをすれば良かったかもですね。

好きな人は間違いなく好きでしょう。




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。