HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  ムーン・オブ・ザ・デッド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ムーン・オブ・ザ・デッド

ムーン・オブ・ザ・デッド [DVD]ムーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2010/01/27)
エイミー・スマートティム・チョウ

商品詳細を見る


★★☆☆☆

新婚カップル、メリッサとユルは、ハネムーンで中国を訪れた。
祖母の住むを目指していた2人だが、運転手によって、とある山村に連れて行かれてしまう。
静まりかえったその村には、たくさんの動物のいけにえが…。
中国には『7番目の満月の夜に死者が蘇る』という言い伝えがあったのだ…。

ゾンビっていうかディセントの地底人っぽいのが出てきますね。

サスペンスのヒロイン、笑いアリのアクション映画でのヒロインと
いろんな表情を見せてくれるエイミー・スマートさんが白塗り男どもに襲われます。

設定としては餓鬼、餓鬼がよみがえるのです。
乞食根性丸出しで人のものを盗みに来るのです。
あれ?それって普通の中国人とどうちが(略

迫る!暗闇から素早く襲いかかる!という演出は、ハンディ含め良い迫力で
表現されているのですが、他には特に見所はありません。

つーかダンナが役に立たんことこの上ない。
顔が生理的に嫌いな上にクライマックス以降は妖怪変化。

ドライバー役にしても後半顔出して言い訳するなら最初から連れてくんなよと。

まぁ突っ込みどころがあるだけまだマシですよね。
舞台が中国ならもっと別の話のほうが雰囲気出るんじゃないかな。




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。