HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  ウルフ・ウォーズ

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ウルフ・ウォーズ

ウルフ・ウォーズ [DVD]ウルフ・ウォーズ [DVD]
(2010/10/22)
マイケル・ワースジョン・サクソン

商品詳細を見る


★★☆☆☆

戦場で突如発生した人間を人狼に変えてしまう“ウルフ・ウイルス”で人類滅亡の危機!
今、“人狼”と“人類”との、地上での存亡をかけた一大バトルが勃発する!!

ふふふ…また…騙された…。

軍隊VS人狼軍団かと思いきやかなりの小規模バトル。
戦地で狼菌に感染した元兵士4人が当時の仲間であり、もう一人の感染者でもある
主人公を仲間に引き入れるため米国へ。
そこでかねてより人狼を狩ってきたベトナム帰還兵2人も登場します。

分かりにくいですかね。

つまり
人狼4人「アンタアタイ達の仲間だろ?さっさと人間やめちゃいなYo」
主人公「俺は狼なんてやだよ!でも体が苦しー、ちくしょー」
元兵士2人「忌々しいアニマル野郎どもめ、覚悟しやがれメーン!」
という三者がてんやわんやする映画です。

しかしながらアクションシーンよりくどくどとしたセリフのシーンや
キャラクターの人間性を描いたシーンが多いので退屈です。
その上脈絡がないのでそれぞれの思惑や目指すべき最終地点が見当たらない。

見所といえば敵の人狼軍団のうちの美女三人。
顔もスタイルもモデルさん並、とってもセクシーですなぁ。
「美女と野獣」ならぬ「美女が野獣」というわけか。

演技やキャラクターの動き、退屈で不親切な脚本、しまらないラスト。
映画としての面白さはほとんど見当たりません。

でも頑張ってるんです。すごく。
あとは見所を用意するところとまとまりをよくすることでしょうか。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。