HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  サスペンス・ミステリー映画  »  L.A.コンフィデンシャル

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

L.A.コンフィデンシャル

L.A.CONFIDENTIAL-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray]L.A.CONFIDENTIAL-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray]
(2009/01/29)
ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース 他

商品詳細を見る


★★★★☆

50年代初期のロスを舞台に、ある凄惨な殺人事件をめぐり、熱血刑事、饒舌で狡猾な刑事、
出世と名誉に取り憑かれた刑事らがそれぞれの思惑を旨に犯人を求める。
しかし、犯人を追い求め捜査を続けることで複雑な糸が絡み合い、ある真相にたどり着く。

いやー、いい。ディ・モールトいい。ベリッシモいいぞ。

汚職と呼ぶにはあまりに深くスケールの大きい陰謀に巻き込まれていく主人公ら。
真相に辿りつくまでの尺が淡々で長いのに良質な脚本と主要メンバーの表情の変化
を楽しむことで退屈を感じません。

特にベリッシモ良いのがケビン・スペイシーです。

有能な刑事だがゴシップ記者との結託で小遣い稼ぎをしたり刑事ドラマの顧問という
名誉にしがみつき、環境に酔いしれる男…しかし奥底では刑事の信念を捨ててはいなかった。。

ガイ・ピアースの役どころもクライマックス以降変化がありますが、常に微妙な表情で
楽しませてくれたのはケビンの方でしょうね。

ラッセルさんは一番ストレートな役柄で映画の進行においても筋道だった
展開に一役買っているかと思います。

全体的に言えば、多くの登場人物が入混じり、犯人(真相)が見えない状態が
じりじり続くので、悪と正義が分かりやすい「アンタッチャブル」や見えない恐怖
を描いた「ブラックダリア」「ゾディアック」などの明確な作品よりは感情移入が
しにくいかもしれませね。

同時期公開の「タイタニック」の影に埋もれてしまったのはやはりそういう点
なのではないでしょうか。

ラストでは物語冒頭での「更生の見込みのない犯罪者を背中から撃てるか」という
セリフをうまく伏線回収として使ってます。

集中すればさほど長さも感じない作品だと思いますよ。
っていうか明らかに名作だってばよ。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
ケビン…
ケビンのラストが悲しい(/_;),

たしかに善と悪というより、
誰でもどっちにも転ぶ可能性があることを感じました。
Re: ケビン…
ラッセルさんは3~4発くらっても復活したのに。。
まぁごっついですから(^^)

大人になってから見直すとだいぶ見方が変わりますよね~。
当時のタイタニックとは全く切り口が違う骨太映画でした。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。