HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級巨大生物映画  »  メガ・ピラニア

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

メガ・ピラニア

メガ・ピラニア [DVD]メガ・ピラニア [DVD]
(2010/12/03)
ポール・ローガン

商品詳細を見る


★★★☆☆

ベネズエラのオリノコ川でアメリカ大使とベネズエラの外務大臣が何者かに襲われて死亡した。
テロを疑うアメリカ政府はフィッチ捜査官を現地に派遣する。
そこで彼はアメリカ人科学者が遺伝子操作に失敗し巨大化したピラニアが犯人と突き止める。
恐るべきスピードで巨大化し、勢力圏を拡大し続けるピラニアの繁殖を止めることができるのか?

でかいぞ強いぞメガピラニア。
あの『メガシャークVSジャイアントオクトパス』に続いて製作されたメガシリーズ作品。

なかなかのバカ映画でしたがかなり真面目に作られていました。
CGも技術は無いなりにも細かい部分に気を配り、粗さの中にも愛嬌たっぷりな
映像が出来上がっています。

登場シーンからイキナリ筋肉を主張しているとっても筋肉マッスルボディの
主人公ですが、なかなか頭の切れる役柄で頼れるリーダーでした。
ただ人を疑わず素直な性格です。事件の原因となった研究員を責めもしません。

今作では悪役に当たる大佐を中心としたベネズエラ軍人達の
『人の国で怪しい実験しやがって!』という意見はごもっともかと思います。

さて、そんなことはどうでもいい。
今回注目すべきはやはりピラニアさんのデカさ、凶暴さでしょう。
映画の冒頭、まさにB級映画で殺されるためだけに誕生したキャラたちを
食べちゃった時はラグビーボール程度の大きさだったピラニアさん。

でもこれが倍、それまた倍と大きくなっていきます。
繁殖能力も高いので鯨クラスのピラニアがウジャウジャの地獄絵図。
ホテルや建物にピラニアが刺さってビチビチしてるのはなかなか笑えました。

セイセイッと足だけで大量に襲いかかるピラニアを撃退する筋肉主人公や
「唾液の酸で少しなら充電できるわ!」と唾液で携帯の電池回復をはかるヒロイン
などもシュールで良いです。

カーチェイス、ヘリチェイス、巨大戦艦など、見所は満載。
馬鹿馬鹿しいと言われるための映画です。余計なことは考えず楽しみましょう。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。