HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  戦争映画  »  K-19

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

K-19

K-19 [DVD]K-19 [DVD]
(2005/07/06)
ハリソン・フォード、リーアム・ニーソン 他

商品詳細を見る


★★★★☆

1961年、米ソ冷戦の最中、ソ連国家首脳部は原子力潜水艦K-19の
処女航海の艦長にアレクセイ・ボストリコフを任命した。
副艦長には経験豊富なミハイル・ポレーニンが就き艦は出航。
この2人の意見はしばしば対立する。。

なんだかちょっと顔が似た二人ですよね。
渋い二人だからこそのドラマ性があると思うのです。

冷戦後の世界を背景にした潜水艦映画「クリムゾン・タイド」では
デンゼル・ワシントンとジーン・ハックマンが艦内で対立しながら、
敵艦との戦いと「決断」をテーマに物語が進行しましたが、
「K-19」では原子炉の故障、そして「クリムゾン・タイド」でもあった
ように第三次大戦勃発の危機に直面するパニック・ドラマを描いています。

男だらけ、まさに骨太な作品ですが戦争を滑稽に描くアクションムービーでは無く、
実際の事故をテーマとし、事故の凄惨さや乗組員の混乱、そして人間ドラマを
見せてくれます。

主要な乗組員にはそれぞれの個性やドラマが用意されており、放射能にまみれながら
も原子炉の修理にあたるという「使命感」と「自己犠牲の精神」に心が動かされます。

ラストシーンはなんていうか切なく哀愁があって綺麗だなぁと感じてしまいました。

キャスリン・ビグロー監督の本作、「ハートロッカー」でも描かれたような
男達の戦いと苦悩がこちらでも感じることができると思いまする。




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。