HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  戦争映画  »  クリムゾン・タイド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

クリムゾン・タイド

クリムゾン・タイド [Blu-ray]クリムゾン・タイド [Blu-ray]
(2010/09/22)
デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る


★★★★☆

ロシアの過激派が軍の反乱派勢力と結託し、シベリアの核ミサイル基地を占拠した。
アメリカと日本が核攻撃の危機にさらされ、米海軍の原潜アラバマに出撃命令が下った。
歴戦の叩き上げのフランク・ラムジー艦長と、ハーバード大卒のエリートである
ロン・ハンター副官は、核に対する思想で真っ向から対立する。
そしてアラバマは目的海域に達し、敵潜水艦の影を捉えた艦は臨戦体制に突入していく。。

核搭載の潜水艦映画です。

演説などには中身が無いのですがブラッカイマーらしい優秀な音楽や
カメラワークで壮大に仕上がってますね。

艦の安全と世界の未来を重視するデンゼルと、任務への忠誠と国の威光を重視する
ハックマンとの対立や駆け引きがテーマとなっている作品です。
どちらも「悪」ではなく、乗組員や国を思ってこその行動です。
ややハックマンが頑固な危険思想とも見て取れますが、行動の一貫性やセリフ、
そしてラストシーンからも優秀な軍人であることを表現していますね。

この二人も素晴らしかったのですがヴィゴ・モーテンセンの表情や
ジェスチャーが良すぎて興奮します。

この映画の優れたところは冒頭とラスト意外舞台のすべてが潜水艦内部だということ。
本来の敵(人物)や本土の通信士など一切画面には出てきませんが十分な演出によって
素晴らしい緊張感がでてます。

こむずかしいことは一切なしで全体の緊迫感と役者さんの演技を楽しむ映画だと思います。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。