HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  戦争映画  »  ワンス・アンド・フォーエバー

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ワンス・アンド・フォーエバー

ワンス アンド フォーエバー WE WERE SOLDIERS [DVD]ワンス アンド フォーエバー WE WERE SOLDIERS [DVD]
(2003/01/21)
メル・ギブソン、バリー・ペッパー 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

1964年。ベトナムへ赴く兵士たちのリーダーとして選ばれたムーア中には、
妻のジュリーと5人の子供たちがいた。基地では、ベトナム戦争への本格参戦に向けて、
プラムリー上級曹長を右腕に、ムーア中佐に率いられた新兵たちの訓練が続いていた。
ついに来た出兵の時。ベトナムに向かう前、ムーア中佐は部下とその家族に誓った。
「我々が戦いに望んだ時、私は戦場に踏み出す最初の者となり、戦場から退く最後の者となろう。
誰ひとり置き去りにしたりはしない。生きていようと死んでいようと、我々は全員そろって家路につく。」と。。

メル・ギブソン主演ですがメッセージ色はさほど強くないのです。
当時の宣伝も家族や絆をテーマにしたはずですがドンパッチ中心ですね。

アメリカ人の大失敗ともいえるベトナム戦争ですから扱いが難しいのでしょうね。
あまりに反戦モードでも駄目、プロパガンダ過ぎても駄目というところでしょうか。

大体敵制圧に原爆やら劣化ウラン弾やらナパーム爆撃とがガンガンやっちゃうお国の
映画なのでドンパチ映画として楽しめる方なら文句なしで見れる内容かと。

さて、メルさんの他にプライベートライアンでもおなじみのバリーペッパーも登場します。
この人と「トム・サイズモア」は戦争映画や骨太な銃撃シーンが似合う気がしますね。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。