HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  西部劇  »  許されざる者

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

許されざる者

許されざる者 [Blu-ray]許されざる者 [Blu-ray]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、ジーン・ハックマン 他

商品詳細を見る


★★★★☆

1880年、ワイオミング。過去に強盗や殺人で悪名を轟かせていたマニーは、
今では銃を捨て2人の子供と農場を営みながら密かに暮らしていたが、
農場の不作の上、妻にも先立たれ苦しい生活だった。
そんなマニーのもとにスコフィールド・キッドという若いガンマンが訪ねてくる。
彼は娼婦に残酷な傷を負わせた2人のカウボーイを倒して、賞金を得ようと考えていた。
一緒に組もうと誘われたマニーは11年ぶりに銃を手にするが…。

おじさんバンザイな西部劇。

この映画には2種類の見方があるような気がしました。
長い期間"娯楽"を目的として造られていた西部劇をシンプルに楽しむ見方。
あとは筆者やイースト・ウッドからのメッセージを考える見方。かな。

私は圧倒的に前者でした。
『映画のゆとり世代』である僕は西部劇にあまり親しみがなく、より近代的な
エンターテイメント作品にしか触れる機会がなかったからでしょう。
なので今回はあからさまにゆとりレビューになってしまいます。


さて、西部劇は日本で言えば"暴れん坊将軍"、"水戸黄門"、"座頭市"。
月光仮面に桃太郎侍に必殺仕事人にブツブツブツブツ…。
ある暴挙に包まれた人間や街をさすらいのアウトローが救世主として現れ、
最後には銃の硝煙のように風に消えていく。。。
(将軍様やご老公様がアウトローかといえばそうではないけど…)

この映画での悪代官役、ジーン・ハックマンの暴挙さといったらもうね。
彼の悪役には知性や真の冷酷さを感じさせられるのでゾクゾクします。

元アウトローという設定のイーストウッドとモーガンが素晴らしい。
前半のイーストウッドの「無法者を引退してるっぷり」も良いし後半の
「悪鬼」っぷりもかなり目を奪われます。
昔の相棒であるモーガンの「もう人は撃てなくなっている」という心境変化も
彼のそれまでの人生を物語ってくれました。

悪とはなにか、私刑としての断罪は正しいのかどうかということはあるんですが
ラストを見る限りでは主人公に救われた人は確かに大勢居ます。
大筋ではヒーロー的西部劇でありながらも各キャラクターの背景を色濃く出すこと
によって随分観客に対するメッセージも強くなっているじゃないでしょうか。

西部劇好きな友人に言わせれば『傑作であり西部劇の終着点』なんて言葉も。
ベテランから見れば演者の活躍や演出以上に感じるものがあるのでしょうね。
みなさんはどう感じられたんでしょうか?

個人的にはエンドロールでの"めでたしめでたし感"はちょっとどうかと思うんですが。。。


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
こんにちは!
西部劇は好きなのはホント好きで、けっこう手当たり次第に観てます。
この作品は、ただ格好良さに酔いしれるとか、西部劇への思い入れに共感するような楽しみ方をするのが正しいんでしょうけど、わたしはちょっと主人公が奥さんを裏切っている感がぬぐえず・・・。
あんな危険なことして、もしものことがあったら子供はどうなるか。それを考えるとどうもノレませんでした。
ラスト、彼があのお金を元手に商売を成功させた、っていうのにも妙にカッチーンときてしまって。わたし的に、ちゃんと父親としてやってるかどうかが重要だったので・・・。

文句ばかり書いてしまったけど、最近の映画のなかではちゃんと西部劇している良い映画だと思いますよ~!
Re: こんにちは!
言われてみれば確かに男性と女性で視点が変わってくるかも知れませんね~。
男のプライド、復讐劇を端的に描いてるので渋さや哀愁を求める
人にはもってこいの映画らしいのですが^^

ラストは同感ですね。
それ以外にもややぶつ切りな感じがあったのを覚えています。

とはいえ間違いなく良作ですね(笑)
また西部劇ブームが起きたらもっと視点の変わった作品が出るかもですねぇ。
あ、『カウボーイ&エイリアン』…ゴホンゴホン…
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。