HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  プレデターD4

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

プレデターD4

プレデターD4 [DVD]プレデターD4 [DVD]
(2010/12/03)
ヴィッキー・アスキュー、エリック・バーナー 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

全米有数の億万長者、ラーク博士の孫が誘拐される。極秘裏に奪還作戦を
計画する米軍は5人の戦闘スペシャリストを、犯人が潜む森の奥へと派遣する。
彼らを待っていたのは、圧倒的な殺傷能力で人間を仕留める謎の捕食者だった…。

ジャケットを手に取り、『こんな感じかな?』と思った内容を2ランクぐらい
下げた内容でした。

主人公ら傭兵一行は息子を誘拐されたお金持ちの依頼でジャングルへ向かいます。
そこでは同じく孫を誘拐されてしまったおじいちゃん(元兵士)と出会います。
目的の一致を感じた双方は合流しますが謎の敵に襲われることに。

この敵というのがなんていうかどう見てもプロレスラー。
メイクは眼の部分の加工のみでとっても人型です。
いや、確かに半裸のスキンヘッドのマッスルボディがハァハァ言いながら迫ってきたら
おしっこといわず色々と漏れちゃいますけどね。

まぁそのへんは低予算という大人の事情でしょう。
ロケーションは設定上カバーしてますしドラマの煽りの点に置いても手抜きという
感じは受けられませんでした。
『ただモンスターに出会って殺されちゃおう!』というお手軽作品では終わらせたく
ないという制作側の思惑をしかと受け止めましたよ僕は!

キャラクターも個性的でいいです。
特におヒゲがとってもプリティーな背の高い兵士さんは口は悪いけどなんだか
いい奴っぽくて好きでした。

後半のテンポの悪さはかなりいただけませんでしたね。
特になんの伏線もなく訪れたラスト周辺でのセリフ『やはりそう来るか』には
『アンタ何がしたかったんだよ!』としか言いようが。。。

B級映画慣れした人が暇つぶしに観る映画です。
あ、スタッフロールが無駄にカッコイイです。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。