HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ディズニー・海外アニメ映画  »  9~9番目の奇妙な人形

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

9~9番目の奇妙な人形

9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [Blu-ray]9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2010/11/04)
ジェニファー・コネリー、イライジャ・ウッド 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

古びた研究室の片隅で、奇妙な人形が目を覚ます。
身体は麻布を縫い合わせて作られており、腹部には大きなジッパー、
背中には数字の“9”が描かれている。自分が誰なのか、ここはどこなのか。
見渡す限りの廃墟の中、彼を待つ出会いとは、物語の結末とは?

あー…あ、うーん…。

全編CGアニメのこの作品。
『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、
クリストファー・プラマー、そして『ダレン・シャン』での活躍が目立った
ジョン・C・ライリーらを初めとする豪華ボイスキャストで贈られます。

機械と人間との戦争で荒廃しきった世界で、背中にナンバーの付いた
人形たちが自らの存在とその誕生ルーツを目指して冒険します。
ある程度メッセージ色を持った展開ですが『どっかで見たような』という感が
ぬぐいきれず、最後までもやもやが晴れることは有りませんでした。

独特の世界観の中での細かな設定や描写は秀逸で、廃墟で無機質であるはずの
世界でも"美しさ"を感じることができる質感はとても良かったです。

しかしキャラがイマイチ立っていない点や不可解な展開にモーヤモヤ。

ラストも「あー…あ、うーん…」といったところ。
あ、「7」の質感は良かったね。なんか女性らしいというか柔らかそうで。
見た目はガッチャマンなんだけどね。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。