HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  デス・バレー ~ブラッディ・ビルの復讐~

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

デス・バレー ~ブラッディ・ビルの復讐~

デス・バレー~ブラッディ・ビルの復讐~ [DVD]デス・バレー~ブラッディ・ビルの復讐~ [DVD]
(2006/09/08)
チェルシー・ジーン、グレゴリー・バスティアン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ディベート大会に向けて出発した教師と生徒たちの車に、銃を持った男が乗り込んできた。
男の目的は、金を持ったまま姿を消した仲間を追うため。そして仲間の車の跡をたどった一行は、
忽然と現れたサンセット・バレーという名の寂れた村に到着する。だがその村は、
南北戦争に実在した虐殺者ブラッディ・ビルの伝説のままの村だったのだ…。

なんだかとっても惜しい!!

ゼイリブさん配給のゾンビ・ホラーでございます。
ゼイリブさんの個人的評価は他配給会社と比較すると

ハピネット>ニューセレクト>アルバトロス=トランスフォーマー>アルバトロス・コア>ゼイリブ>JVD

ぐらいの感じです。この映画もそんな感じでした。

あるヤク中が警察とのカーチェイス後にたどり着いたのがゾンビの街、
そしてそのリーダーであるブラッディ・ビルにやられてしまいます。

時を同じくして学生グループとその車をカージャックした黒人犯罪者アールが
例の村にたどり着くところから本編という感じ。
アールは冒頭やられたヤク中の相棒だということが分かります。

セットがしょぼいのですが田舎の呪われた町という感じでとっても乾燥した
ステージにはなってました。
ゾンビの造形やゾンビ化までの流れにはそれなりのこだわりがあって良かったです。

とってもご都合主義のストーリーではあるのですが、犯罪者アールのセリフや
キャラクターを中心に、「なんだか許せるかも」という感覚になりました。
ただ、どう見てもサブマシンガンなのにショットガンと呼び、尚且つ拳銃のような
働きをするとんでも武器には残念と言ったところ。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。