HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  バタリアン

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

バタリアン

バタリアン [DVD]バタリアン [DVD]
(2004/04/02)
クルー・ギャラガー、ジェームズ・カレン 他

商品詳細を見る


★★★★☆

ケンタッキー州ルイヴィル。フレディは医療会社で働くことになり、倉庫長のフランク
に説明を受けた。軍の細菌兵器が誤って死体を蘇生させ、しかもそのゾンビが秘密裡に
処理される途中に移送ミスで、ここに運ばれたのだというのだ。
地下室でフランクがゾンビの入ったケースを叩いてみせた時、突然ガスが吹き出した…。

脳みそがみそ。

ゾンビ映画をコメディとして作り、そしてゾンビを滑稽でエンターテイメント
キャラクターに位置づけたのが本作ではないだろうか。

全編がコメディという訳ではなく、きちんと正統派ゾンビをリスペクトしていると思います。
特に笑いの要素が多いのは役者同士の掛け合いであり、全体を小馬鹿にするような
事はしてないかと。
音楽やそれぞれ小分けにされたストーリー展開も面白い。

冒頭のゾンビ発生後の大パンデミック、そして大勢を巻き込んでの大騒ぎ、それから
向かえることになるラストのあっさり感などもいうなれば不条理コメディ?

知恵を使う上に頭を吹き飛ばしても倒せないという、この当時のゾンビとしては最強レベル。
俗に言う『タールゾンビ』や上半身だけで会話をするババァゾンビ、腕だけになっても人を襲う
シュールで黄色いゾンビなど、キャラのシュール加減も多くのライトユーザー獲得に
つながったのでは?

正統派リビングデッドファン、というより頭の硬いロメロ信奉者には受け入れ難い作品なのかも。
でもでも今日、爆発的ヒットを飛ばした『ゾンビランド』など、コメディ要素の強いゾンビ作品群が
支持されているのも現実。

別物として楽しむ余裕を持ちたいものですね。



ゾンビランド [Blu-ray]ゾンビランド [Blu-ray]
(2011/02/04)
ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ 他

商品詳細を見る
関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。