HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級ゴースト・電波系映画  »  ウルトラ・バイオレンス 処刑人セーラ

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ウルトラ・バイオレンス 処刑人セーラ



★★☆☆☆

物語冒頭、斧を持った謎の男に追われる女性が非業の死を遂げる。
十年後、収入に不満を持つベンは、仕事相手ベネットから仕事のつてを紹介してもらう。
そこで出会ったのはミステリアスなヘッドハンター、セーラだった。
念願の高給の仕事を紹介されるが事務所では不気味な出来事やおかしな制限だらけ。
ベンはすでに過去から現在へと続く「負の世界」へ踏み行ってしまっていた。

おー、これはーなかなか惜しいなー。

まぁ今回も一番ひどいのは邦題の付け方と煽り文句でしょう。
『P・タランティーノ監督が放つ復讐劇!』『キルビル×処刑人×シャイニング!』

『P』って誰だよ、『P』って。
『キルビル×処刑人×シャイニング!』というのも大嘘です。
まったくかすって無かったです。

でも内容は結構面白かったですよ。
女優さんもセクシーだし、それなりに描かれた脚本だとも感じました。
見所はセクシーさんのオパーイと主人公の巻き込まれっぷりでしょうね。

多少ネタバレさせて頂くと前半部で好条件の仕事にありついた主人公の
周りで不可思議な現象が続き、なんやかんや調べてみたら仕事の斡旋人セーラは
すでに死んでいる亡霊だと気づくんですね。

そんで呪いなんかを振りまいちゃうデンジャーなセーラさんを成仏させる
為に当時の犯人や彼女の首を探していくんですがこの辺からが難しい。
セーラさんがとにかく邪魔、すんごい邪魔、一体どうしてほしいんだよ。

クライマックスでは話がババンと一転したりしてウホホーとなるのですが
はっきりしない出来事も多く、イマイチもやもや感が晴れない作品です。

でも、たまにゃこういうのも観てもいいと思うんだぜ!?




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。