HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  エイリアン・ライジング

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

エイリアン・ライジング

エイリアン・ライジング [DVD]エイリアン・ライジング [DVD]
(2009/01/23)
エマニュエル・ヴァウギラー、ルーク・ゴス 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

一本しかない国道がトレーラーの事故でふさがれてしまったハット・クリークの街は、
停電も重なり、生活の全てが止まってしまった状態になっていた。
情報を受け取った保安官:アニーは、状態把握のためトレーラーが横転した事故現場へ向かう。
そこで彼女は事故車に付いていた何かの破片を発見する。
知り合いの植物学者へ調査を依頼するがそれは地球上に存在しない細胞であることが判明する…。

SAWシリーズのエマニュエル・ヴォージアさんや『デス・レース2』主演のルーク・ゴスさんらが
登場するB級エイリアン・パニック映画です。

宇宙船や近代兵器などは出てきません、どうやら大昔に先住民相手に暴れまわった
クリーチャーが先住民の生残りに封印され眠っていたところを、先住民の研究を
している男に掘り起こされてしまったようです。

素早く、獰猛でグロイデザインです。
お腹辺りから小型のエイリアンをファンネルのように発射して操ることもできる
優れもののエイリアンが登場してきます。

キャラクターは意外と多く登場するのですが、なかなか個性豊かな面々です。
ただ、明らかに『死に役』というのも多いので可哀想。

車の屋根ぐらいならあっさり切り開く鋭いツメ、そして強固でガッチガチの外殻を
持つエイリアンを倒す方法というのが、先住民が創りあげた「毒」なのですが、
この辺の設定によってもたらされるラストはなかなかです。
主人公の設定も生きましたね。

ただ、それでも全体的に上手くまとまったかといえば…?

まぁ贅沢を言ってこの作品を見る人は居ないですよね。
私たちなら十分に楽しめる水準の作品だと推薦できます。



関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。