HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  60年後

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

60年後

60年後... [DVD]60年後... [DVD]
(2011/03/02)
ロックリン・マンロー、ケリー・ペンディグラフト 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

政府はある街で起こった不可解な惨事について入念な裏工作をし、事実を隠ぺいした。
60年を経た今、真実を知る唯一の人物となったサラはその日の事を語り出した。
2009年9月9日。不審な物体の調査依頼を受けた保安官ボーエンは隕石のような物体を目にする。
その直後、一人現場確保を行っていたマーフィは足元から身体を這い上がって来た生物に驚く。
この生物は人間に寄生し凶暴化させる性質を持っていた…。

嘘だろ承太郎っ!!

いやいや、もうジャケットからしてダメな匂い、かほりがぷんぷんしておるわ。
『28日後』『28週後』なんかをもじったジャケDVDは多いですもんね…『100年後』とか。

ちょっとゾンビっぽい動きの人たちは居ますが今回はエイリアンカテゴリに
放りこんでしまおうかと思うのです。
私だって『おいおいゾンビじゃないじゃないか』的なクレームは恐いのです。

さて、この物語は近未来から始まります。ある記者に老婆が過去の事件の真相を
話す回想型ムービーというわけ。

話は過去から始まりましてここで映る影のある男主人公はどうやら前科者のご様子。
元恋人(冒頭の老婆)や町の保安官、そして母親にまでも腫れ物扱いされてしまっています。
まぁ元恋人のこは結構いい奴でまだ主人公の事がお好きなご様子ですね。

ここで登場する保安官とどこぞのぼんぼんがほんまに腹のたつ顔をしてらっしゃる。
保安官はロックリン・マンローという俳優さんなんですが結構色々出てるんですよ。
『お前絶対トラボルタ好きだろ』的な演技の仕方がとてもうざいです。

小型エイリアンの寄生から逃れる為に逃げる一行。
寄生された人間は凶暴化するだけでなく『え?俺?寄生されてねーし!ちげーし!』という
ブラフもかましてくるので疑心暗鬼的な演出もございます。

でもまぁ全体的にダメダメです。CGのショボさといったらホントに昭和かよレベル。

それ以上に!!!本当に衝撃的だったのは映画の終わらせ方!!
ポルナレフなら確実に『一体なにをされたのか分からなかったぜ』状態です!!!
ほんまびっくりした。

驚愕、という点ではお勧めしたいかも知れない…。






関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。