HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級巨大生物映画  »  ダイナクロコvsスーパーゲイター

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ダイナクロコvsスーパーゲイター

ダイナクロコvsスーパーゲイター [DVD]ダイナクロコvsスーパーゲイター [DVD]
(2011/03/02)
デヴィッド・キャラダイン

商品詳細を見る


★★★☆☆

ハワイ、カウアイ島。ドレイク産業の秘密研究所では、極秘実験が行われていた。
遺伝子実験で産み出されたのは、2足歩行するトカゲの化物《ダイナクロコ》と、
巨大ワニ《スーパーゲイター》。2頭は研究所を脱走し人々に襲いかかった。
政府調査官ポール、自然保護官キャシディ、ワニハンターローガンは一計を案じる。
2頭を誘導して戦わせ、勝った方を倒そうというのだ…。

これこれ!こういうのだよこういうの!

さて、満を持しての巨大モンスター物『デカトカゲ対巨大ワニ』です。
冒頭遺伝子研究所から逃げ出すワニとトカゲですが造形がなかなか素晴らしい。
CGはしょぼいながらもやや高いレベルで見せ方も頑張っています。
暗闇で隠したりという姑息な手段は使っていません。
あとデカトカゲの鳴き声はジュラシックパークのティラノの声そっくりでした。

また、嬉しいのは個性豊かな役者さんたちの質と設定が楽しいところ。
ヒロインさんが可愛いのもGoodでした。
着痩せするタイプなのかタンクトップ姿になったとき『OH!ダイナマイッ!!』
と叫びそうになったとかならなかったとか。

研究所の出資者のちょっとした陰謀絡みの話があったのですがこの辺は
特に必要なかったかなというイメージです。

最初次々とキャラクターが登場してきたのに戸惑いが有りましたがこの辺は
特に気にする必要はありませんでしたね。
もったいぶったりそれなりのスポットがあって出てきたキャラもすぐ食われますし。
どうせ簡単にパクっと食われるなら額に『肉』とでも書いておいてくれればいいのだ。

さて、モンスター達の無理のない造形、食欲、CGの質感。
そして各キャラクターのビジュアルや個性。
悪役、程よいエサ達。ついでの爆破と恋愛と、B級モンスター映画の王道を極めた良作です。

題名にもなっている『vs』についてのシーンは予算の都合からかややあっさりしてますが
見所はじゅーぶんに見つけられるはずです。

当ブログを訪問してくださっている方にはぴったりの作品かと。

っていうか私自身B級作品寄りのブログをやるつもりはなかったはずですけどねーーー><!!?


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。