HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ホラー・オカルト・パニック映画  »  ソウ ザ・ファイナル

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ソウ ザ・ファイナル

ソウ ザ・ファイナル アンレイテッド・エディション [Blu-ray]ソウ ザ・ファイナル アンレイテッド・エディション [Blu-ray]
(2011/03/18)
トビン・ベル、コスタス・マンディロア 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

ジグソウのゲームの生き残りたちは、救済を求めて“精神的指導者”であり、
自身もジグソウのゲームからの生存者であるボビー・デイガンのもとに集う。
だが、ボビー自身の暗い過去が明かされるにつれ、新たな恐怖が襲いかかる……。
一方、ホフマンとジルは、ジグソウの遺品を巡って争っていた……。

ボビーの胸フックは服とかに引っ掛ければ楽に…ん?誰か来たみたいだ…

さて、人気のゴアゴアシリーズの最新作。
冒頭から「挨拶がてら」と言わんばかりの『ゲーム』映像が始まります。
血の色がやたらピンクなのですが何かの規制なのでしょうか。

名物のトラップもゴア表現も、もはやそれだけを楽しむギミックになってしまいましたね。
まったく救いようのない展開に胸が苦しくなります。

しかしまぁこのシリーズの警察や特殊部隊は無用心にもほどがありますなぁ。
とはいえ押し入った部屋にセントリーガンが置いてあるとは夢にも思わないか…。
ジグソウさんの無敵っぷりと理不尽なまでの器用さは相変わらずです。

今作は『処刑人シリーズ』のショーン・パトリック・フラナリーがメインの一人として登場しています。
設定からしてすでに惨めな役なんですがやっぱとても可哀想。

可哀想といえば日本でも人気の『リンキン・パーク』のボーカリスト、
チェスター・ベニントンがゲームの犠牲者の一人として何故か登場しています。。。
特に彼とジェイZとのコラボレーションアルバムは神懸ってますのでもしまだ聴いてない
という方がいるのならさっさと借りてこい。いや、来て下さい。ははは。

期待したラストも伏線が大きすぎて普通に誰もが想像できてしまった感があります。
クライマックス以降はちょっと詰め込み過ぎちゃいましたかね。

本当にこれで完結となるのか。それとも新シリーズとして幕開けするのか。
私自身コアなファンでは無いのですが注目したいところですね。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。