HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  ボトム・プレデター

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ボトム・プレデター

ボトム・プレデター 地底に潜む生命体 [DVD]ボトム・プレデター 地底に潜む生命体 [DVD]
(2011/04/02)
トム・サイズモア、ウェンディ・アンダーソン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

廃墟となった病院の地下に閉じ込められてしまった人間達は
待ち受ける壮絶な死闘から逃れる事はできなかった…狩るか、狩られるか。
人間v.s.驚異の破壊力を持つ捕食怪物との生き残りをかけた戦いが今、始まる…!

ト、トムさん何してはるんすか!!??

ヒート』『プライベートライアン』『ブラックホークダウン』などで
抜群の存在感を見せているトム・サイズモア主演の本作。

私生活では近年、薬物絡みも含め荒れた感じの彼は46歳(H23現在)という実年齢以上に
老けこんだ印象を受けてしまいました。なんだかかなすぃ。

さて、正統派クリーチャー物と言いたい本作ですが、冒頭からうだうだとこれから
起こることの説明をしてくれます。
その反面、各自のキャラクター性がフワフワしてしまっているのが残念。
この辺のいい加減さは脚本全体に及んでいると思います。

今回のモンスターは『ネズミ+ワンちゃん+人』という合成クリーチャー。
体の様々な傷を癒す新薬の副作用により激しい空腹感に襲われる被験者は、
その時捕食する生物の遺伝子を取り込み、身体に著しい変化を及ぼす。

つまり、『うわー傷が治った、太田胃散いい薬です!でもすげぇ腹減る!パネェ!』
『こうなったらネズミでも犬でも喰ってやる!あ、あれ?体が獣っぽく…かゆい うま』
ということです。

モンスターの造形はまぁまぁなんですが動きに機敏さがないし人間臭い。
中の人が手を抜いているせいか獣っぽい怖さが伝わりません。
戦闘シーンも捕食シーンも他の作品より優れた点は特に見つからず…。

まさにBクラスのモンスター映画ですね。
まぁ、『モンスター登場→人を襲う』の構図さえあれば満足という人にはいいでしょう。

私みたいにね!!

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。