HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級狂人・犯罪映画  »  リーカー 地獄のモーテル

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

リーカー 地獄のモーテル

リーカー 地獄のモーテル [DVD]リーカー 地獄のモーテル [DVD]
(2011/04/27)
デヴォン・ガマーソール、デレク・リチャードソン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

寂れたハイウェイを直走る、5人の若い男女。これから向かうパーティを
楽しみに盛り上がる彼らであったが、突然車が故障し、立ち往生する事に―。
やっと辿り着いたモーテルで一夜を明かす事となるが、それが悪夢の始まりであった…。
突然、強烈な悪臭と共に現れた姿の見えない者によって、彼らは次々と血祭りに…。
この殺人鬼の正体とはいったい…?

内容は良いのになぜか薄味になってしまってない?

冒頭、ドライブ中の親子三人は道路の鹿を跳ねてしまい、車体の確認のために車外へ。
休憩がてら外の空気に触れる彼らだが、何者かの襲撃を受けてしまいます。
この時、お父ちゃんの顔がまるで『キカイダー』のようなショッキングフェイスに
されたりして、結構期待できそうなオープニングが始まります。

その後は若者5人のドライブシーンへ。
真面目なヒロイン、バカ、イケメン、盲目好青年、ビッチと本当良くある感じの
設定とキャラクターで『今から僕達惨劇に巻き込まれまーす!』というフラグたっぷりです。

しかしながら盲目のキャラクターを混ぜるなどして『今後一体どうなるの?』
という気持ちは残してくれていますね。
ホラー作品なのにヒロインがグラマラスじゃない、っていうかやや根暗っぽい
ところも他とのちょっとした差別化かもしれませんね。

車の故障でモーテルへ…というのもとってもありきたりな流れです。
不気味な建物やなんだかおかしな雰囲気にビビる一行、この辺から多少伏線が
貼られていくのですが全てはラストで明らかになります。

さて、問題の『謎の殺人鬼』についてですが、モヤモヤした臭気を身に纏い、
ヘンテコ工具で有無を云わざす登場人物達を襲ってきます。
こやつの周辺に漂う臭気は『死の臭い』なんだそうです。この辺も伏線ですね。

ゴア的要素がイマイチチラ見せで、全体のパニック感もちょっと薄味です。
漫画の『ワンピース』なんかだとよく「ドンッ!!」て表現があるじゃないですか、
ああいった場を締める演出って映画にも結構重要ですよね。

もっと各所の演出が濃くて緊迫感あふれるものならばラストもしっかり決まった
のではないかなぁと思います。
今作は『リーカー・ザ・ライジング』という序章作品が存在し、今作の謎も解明して
くれてるみたいですよ。

ということで今回はこの辺で… ドンッ!!




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
No title
この作品観ました!

初めの薬のやり取りはなんだったのですか?

それを飲んだ女性がどういった症状になったのか不明です・・・


その謎を除けば、それなりにおもしろかったです。


でもこれって、死ぬべき人間が死ぬまで生と死の狭間をさまよい続けるって話ですよね?
現実世界で昏睡状態ではあるけど、生き残れそうな外傷の人からすれば、ほんと迷惑な話じゃ・・・笑









Re: No title
初めの薬のやり取りは…多分研究室に置いてあった薬。
MDMAとかエクスタシーみたいなものって映画では言ってましたね^^

多分ですが各キャラクターの表現をしたかっただけなのかなぁと感じてます。
薬嫌いの真面目な主人公、悪ノリする男、ハメを外してる女の子、的な?

この作品ではまるで「死神みたいな奴」と「彼が支配する世界」のお話でしたが、
『リーカー・ザ・ライジング』では彼の誕生譚も語られているのでぜひ観てみてください。
こんちは★
先日は当方のブログに足を運んで頂いた上に、コメントまで残して頂いてありがとうございました。

この映画、僕は好きですね~。

基本バカ映画は好きなんですが、謎だらけのストーリーから驚愕のラストに至るまでの設定に唸らされた一本でありました。
予想にしていなかった展開だったので、自分的には凄く面白かったです。

ブログ色々拝見させて頂きました。

光武監督からコメント頂いてますね~^^
私も頂きましたが、ぼろくそ書いてたもので、えらく恐縮してしまいました。
それでも御丁寧に返答て下さった監督の心使いに嬉しさ一杯でありましたね。

他にもB級沢山ご覧になられていて、妙に親近感が沸きました。
手を出そうかどうか迷っている作品もチラホラとありましたので、参考にさせて頂きたく思います。

今後も宜しくお願いします。

PS:リンクさせて頂きました。よろしければ相互リンクお願い致します。それでは!!
Re: こんちは★
こちらこそありがとうございます!

B級映画もお好きのとことでとても親近感を持ってしまいました^^
今後ともぜひぜひお付き合い下さい。リンク早速設定致します。

光武監督には驚きました~…ユーモアと活力あるお人柄でとっても応援しています!

本当ご丁寧にありがとうございました!
今後ともよろしくお願い致します。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。