HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  サスペンス・ミステリー映画  »  ラストキング・オブ・スコットランド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ラストキング・オブ・スコットランド

ラストキング・オブ・スコットランド [Blu-ray]ラストキング・オブ・スコットランド [Blu-ray]
(2010/12/03)
フォレスト・ウィテカー、ジェームズ・マカヴォイ 他

商品詳細を見る


★★★★☆

スコットランドの医学校を卒業したニコラスは、ウガンダの診療所で働く道を選んだ。
時は1971年。軍事クーデターでオボテ政権が倒れ、イディ・アミンが、新ウガンダ大統領の
座についた直後のことだ。軍隊のヒーローであるアミンは、国民の期待を一身に集める希望の星。
そんな彼が、診療所の近くで演説すると聞き、興味を抱いて出かけて行くニコラス。
アミンのカリスマ性に触れるニコラス。そんなニコラスとアミンの運命がひとつに交わる出来事が、
演説会の直後に起こった…。

  私 待つわ いつまでも待つわ
  たとえあなたが 振り向いてくれなくても


すぐにピンと来た方はきっと私より先輩の方々でしょう。

さて、そんな事は置いといてっと。
主役のフォレスト・ウィテカーが演じるのは『人食い』などの異名で知られるイディ・アミン。
1970年代に政権を掌握していたウガンダの伝説的な独裁者です。

一方、ジェームズ・マカヴォイ演じる駆け出しの医者ニコラスは、"自分探し"という名目で
ウガンダへと飛び、現地の町医者として働きはじめます。
基本的には彼を中心として物語が進行し、イディ・アミンのもつキャラクターへの接近も、
彼からの目線によって画面に映し出されることになります。

んまぁー!主人公ニコラスの思慮の浅さといったらもう!
まずウガンダを決めた理由、地球儀を回し目をつぶったままでどこかを指さすといった
所ジョージ氏のバラエティー番組を彷彿とさせる適当な決め方。
志が高いのか低いのか分からず、その上女たらし。現地の上司とも言える人物の嫁に
手を出そうとするとんでもない奴なのです。

しかし、その若さ溢れる無鉄砲な野心と行動力が『触れてはいけない領域』に触れた時から
数々の歯車がギシギシと音を立てて回り始めることに。

大きな体とユーモアのセンス、人々を魅了するカリスマ性を持つアミンですが、感情の起伏は
激しく情勢が安定しない国のトップでいることへの不安感や苛立ちが目立ち始めます。
そしてそれは時に過剰な行動の原因となり、後の独裁、排他的行動へと繋がっていきます。

まずいまずいと思いながらどんどん泥沼にハマるニコラスですが、序盤の彼の浅さやその後の
野心的で自惚れやすい性格のせいか、深くは同情せず一定の距離を置いて眺めることができました。
まぁ実際『お前わざとやってんのかよ』という泥沼っぷりですし。

『子供のまま大人になった』というアミンの狂気。
実際の彼の人生の一部分ではありますが、名優フォレスト・ウィテカーの演技と共に
堪能すれば良いのではないでしょうか。







関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
こんにちはー
 マカヴォイだぁ~♪キャピー
 実は私はポリティカルな映画はちょっと苦手なのです。勉強不足でよく解らないかも、という思い込みもあると思いますが・・。
 こちらに貼ってくださってるトレイラーを拝見したところ、"この彼" は是非見たいと思ったのですが、これは難しい映画でしょうか^^;
何も知らなくても観て解るよって感じだと嬉しいのですが・・・。
Re: こんにちはー
マカヴォイファンですか^^
キュートで目もきれいで素敵ですよね!

確かにウォンテッドとかと比べるとちょっと重たいストーリーですが
難しい局面があったり取り残されたりと言うことはないと思います☆
何を隠そう私もエンタメ作品大好きな方なので^^

追。レイフ・ファインズとプラッドリー・クーパー確かに似てますね(笑)
ふふふ、しかしレオ様より素敵な俳優など…フフフ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。