HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  SF映画・ロボット・宇宙  »  トロン:レガシー

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

トロン:レガシー

トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]
(2011/06/03)
ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

デジタル業界のカリスマとして名をはせるエンコム社のCEO、ケヴィン・フリンの
謎の失踪から20年。ある日、27歳に成長した息子のサムに父ケヴィンからのメッセージが届く。
消息を追ってケヴィンのオフィスに足を踏み入れたサム。だが、彼は知らなかった。
そこはケヴィンが創造した理想郷への入り口……あまりにも美しく、あまりにも危険に満ちた新世界、
グリッドへの扉だった。迷い込んだ世界で命を狙われ、サバイバルを強いられるサムだが…。

コンピュータの世界であんなことやこんなことをしてみたい。

主人公のサム役を演じるのはギャレット・ヘドランド、『エラゴン』や『トロイ』に出てた
らしいですが全く記憶にございません。
もう一人の主人公と言えるのが彼の父親、『トロイ(1982)』でも主人公を演じたジェフ・
ブリッジスが20年以上の時を越えて再びケヴィン・フリンを演じております。

物語の中のケヴィンはずいぶん年をとった感じ、というかジェフ自身がもう60歳なので
しょうがないのですが、作中に出てくる悪役・クルーはケヴィンの30代の頃をコピーした
容姿をしています。

ベンジャミン・バトン』の時にブラッド・ピットに使用された、CGで作られた顔を代役の
俳優に合成する技術が使われているんですが今回は結構自然で良かったと思います。
『ベンジャミン・バトン』の時はなんていうかメチャキモかったですからね。はい。
あ、物語の名前にもなっている彼にもこの技術が…ゲフンゲフン。

ヒロイン、というか物語のキーワードでもある女性クオラを演じたのはオリビア・ワイルド、
彼女を拝見したのが、ジャック・ブラック主演コメディ映画『紀元一年が、こんなんだったら?
が最後だったのでなんだか変な感じでした。あ、でも綺麗だったですよ。

ジェフ演じるケヴィンは、禅とか囲碁、瞑想などを生活に取り入れるようになっている一方。
前作でフル活用された『ユーザー・パワー』も健在です。
これはコンピューターの世界で使われるユーザーの想像力を駆使した力なんですが、
彼の見た目といい、パワーの内容といい、あれです、ジェダイです。
で、主人公サムはこの力を使うことは無かったです。

その他、マイケル・シーンがちょっと危ないノリのプログラム・キャスターを演じたり
してくれているのですが何のためのキャラクターなのかわからない扱いでしたね。

世界観や各種の設定が独特なので色々とツッコミを入れる映画ではありませんし、
素直に最先端のCGや撮影技術を楽しんでしまえばいいのではないでしょうか。
というよりそれ以上の深さというのは私には見つけられませんでした。
前作からのネタやお楽しみ要素もそこまで無いですし。。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
こんばんは~。
映像の美麗さには観入っちゃいましたね。
それを多く見せてくれればもっと自分の中でも盛り上がったんだと思うのですが、合間のドラマが長過ぎてダラけちゃいました。

前作を今度観ようと思っていますが、今観ても凄いと思うのか興味津津であります。
Re: こんばんは~。
前作についてはあるゲームの影響でストーリーが気になり観てみたのですが
やっぱイロモノ映画っぽいですよね^^

でもレガシーを観てからだと感じる点も多いかも!
僕も観てみようかな…
Trackback
TRON: LEGACY/10年/米/125分/SFアクション/劇場公開 監督:ジョセフ・コシンスキー 音楽:ダフト・パンク 出演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・シーン <ストーリー> 父親が創造した“トロン”と呼ばれる?...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。