HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  SF映画・ロボット・宇宙  »  RECON(リーコン)2020 -バイオ・モンスターズ侵略

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

RECON(リーコン)2020 -バイオ・モンスターズ侵略

RECON(リーコン)2020-バイオ・モンスターズ侵略- [DVD]RECON(リーコン)2020-バイオ・モンスターズ侵略- [DVD]
(2006/02/01)
アンダーソン・ブラッドショー、ケビン・ケルセル 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

宇宙海兵隊VSゾンビVS殺人サイボーグ…異端の惑星で繰り広げられる壮絶な
宇宙戦争を最新のVFX映像で映し出すSFアクション作品。放射能に汚染された地球を離れ、
人類は新たな生存の地を求め、宇宙の別の惑星を目指す。そんな中、新たな住居惑星を
巡って異星人マーハー族と争うことに…。

建物の安っぽい落書きはどうにかならんのか。

とんでもない内容です。
戦闘ロボ、人型アンドロイド、狼男、ゾンビ、宇宙海賊とクラスにひとりだけ入れば盛り
上がる要素がワンサカ詰め込まれています。でも面白くはない。どないやっちゅーねん。
ゾンビカテゴリに投稿して被害者を増やそうと考えたのですが怒られるといけないので
やめておきました。

一応宇宙を舞台にした戦争がベースになっているので近未来的な兵装の海兵隊が
登場してきますがこの辺のデザインはカッコイイんです。
ちょっとロボコップがグレちゃった感じのアーマーやごてごてしたデザインの
アーマーがカッコイイ。

ただ、ロケーションの悪さがあまりにも目立っています。
廃工場のような場所が主戦場となっているのですが、よく駅の高架下にあるような
アーティスト気取りのスプレー落書きが至る所に出てきます。
そのせいで宇宙や未来を舞台にしている雰囲気がなく、かなり全体の質を落としています。

顔立ちの整った俳優や女優。それにいい表情をしている役者がちらほらしてるのですが
それぞれのキャラがイマイチ立っておらず、誰が誰で目的がなんだったのかわからなくなります。

89分の作品がとても長く感じますが、ラストは突然駆け足展開、ついて行きにくい…。

本作はカナダ映画なのですが、色々と彼らのセンスに驚愕する作品ではあります。
凄くオススメは出来ないのですがイロモノ作品としてチラ見するくらいなら…どうでしょう?




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。