HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  エスケイプ・フロム・リビングデッド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

エスケイプ・フロム・リビングデッド

エスケイプ・フロム・リビングデッド [DVD]エスケイプ・フロム・リビングデッド [DVD]
(2008/10/29)
ステファン・ホーパー

商品詳細を見る


★★☆☆☆

斬新な撮影手法で魅せるゾンビホラー。イギリスで謎のウィルスが蔓延。
政府の対応が遅れ情報が錯綜する中、正確な状況を伝えようと4人の撮影
クルーが取材に臨む。しかし、村に辿り着いた彼らの前に現れたのは、
生ける屍となった住民たちだった。

久しぶりにゾンビだよ!

このブログ、意外とゾンビ物作品からの検索が多く、その手のファンの方に
お集まりいただくことも多くなっております。
『ゾンビ映画は観てないのですか?』『ゾンビを出せ』『お前がゾンビになるか?ん?』
などと大変暖かい言葉を頂くようになったので久々にしょうがなく楽しく観賞しました。

しかしまぁ生活パターンの変化に伴いホラーやスプラッター映画を見る頻度が激減しましたね。
そりゃそうですよ、これから良き家庭を築きあげていきたいという最中、
『おかえりなさい♪今日はご飯にする?お風呂にする?それともゾ・ン・ビ☆?』
そんな奴がいるわけがない、いや…案外いるかも知れないけれども…。

さて、謎のゾンビウイルスの発生からサバイバルまでを撮影者目線で描いた本作。
ちょっぴり御代の『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』を彷彿とさせる本作。
目線はほぼデジタルカメラ映像でブレブレですので好みがわかれるかも知れません。

序盤はかなりの緊張感、臨場感が伝わって来ました。
ウィルスが蔓延したことによる状況の変化や撮影チームの混乱など、
なかなか面白い映像になっていたので結構ドキがムネムネします。

ただ本作、全部で幾つかのパートに視点が別れており、非常に見難い。
この環境を生き残っている幾つかの生存者グループを切り替える内容なので
ストーリーに一貫性はなく、それぞれの置かれている状況をそのまま見るほかない。
ドキュメント風の映像でもないのでイマイチ意図が伝わってこないのが残念なところ。

あと派手な映像もドンパチシーンもなく、ゾンビも比較的おとなしいので
途中で何度か眠たくなることもあるかも知れませんね。

しかしながらそれぞれのシーンの役者や緊張感はそれなりにレベルが高く、
その辺に転がっている駄作映画として切り捨てるのは勿体無いです。
混乱や恐怖、そしてこの状況の中狂気と本能をむき出しにするキャラクターなど、
楽しむべきポイントはあるのでファンは一度挑戦してみてもよろしいかと。



関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。