HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  デッドマンズ・プリズン

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

デッドマンズ・プリズン

デッドマンズ・プリズン [DVD]デッドマンズ・プリズン [DVD]
(2007/05/25)
ベイ・ブルーナー、ブリック・ファイヤーストーン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

刑務所に新たに収容されてきたトラビス。彼は実験用のバイオ毒素に感染しており、
まもなく射殺された。しかし、その毒素に感染したものは、死んだのちゾンビと
なって新鮮な肉を求め、人間に襲い掛かるということが判明する。それに気付いた時には、
既に刑務所内でゾンビの群れが人肉に貪り食っており…。

ファンなら全然有り。

さて、今作の舞台は刑務所です。
安易に『プリズン・オブ・ザ・デッド』としなかったところは褒めたいですね。

冒頭、複数のゾンビをショットガンで撃退する一人の男。
彼は殺人罪の容疑で収監されることに。
しかし、彼はゾンビを撃退するさなかゾンビの体液を浴びてしまい、
すでに強力なゾンビウィルスに感染していた。

ウィルスにより凶暴化した男は射殺される、しかしすでに刑務所内にウィルスが
拡大し、体調不良を訴える囚人や刑務所職員が続出してしまう。
時を同じくし、状況を知るFEMA=連邦緊急事態管理庁により刑務所は隔離されることに…。
果たしてゾンビで溢れかえる刑務所から脱出できるものはいるのか…?

今作の主人公はCDC=米国疾病予防管理センターの女性スタッフサマンサ。
日本の友近さんを引き締めた感じのお姉さんです。
その相棒となるのは過去3度の脱獄経験を持ちながらも、その設定が
全く生きなかった
囚人ジョニー。
図らずも刑務所を脱出するという目的が重なった二人のサバイバルを中心としています。

その他、『俺様がここのキングだ』タイプの看守や、子連れの刑務所長なんかが目立ちます。
特に看守は、傲慢さではなく責任感とプライドによってキャラが立っており、前半から
後半にかけて、強靭な精神力を見せてくれる良いキャラクターです。

限られた空間ですが、どっから敵が出てくるかわからない緊張感や独特の無機質な
感じが出ていてそれなりに楽しめます。
また、近年珍しく子供が餌食になる具体的な描写が複数されている点も特徴の一つかも。

それ以外に褒めたいところは特に無いです。
せっかくのロケーションもカメラやカメラワークのレベルが低いとチープになります。
また、意味なくシーンを切りまくる編集内容にもげんなり。

銃火器のノズルフラッシュや音声の合成レベルも低く、映画から迫力を奪っています。
後半の看守の激闘シーンでの意味不明はピアノ旋律&スローシーンには意識が遠のきました。
ラスト周辺に突拍子もなく登場するチンケな特殊部隊の容姿はまるでサバゲーオタク…。

様々な要因により、決して良作とは言えませんが…まぁファンなら問題ないでしょう。


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。