HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  サスペンス・ミステリー映画  »  ブラック・スワン

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ブラック・スワン

ブラック・スワン 3枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕ブラック・スワン 3枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕
(2011/09/07)
ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル 他

商品詳細を見る


★★★★☆

ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、
妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。
しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、悪の分身である“黒鳥”に
変身することは大きな課題だ。初めての大役を担う重圧、なかなか黒鳥役をつかめない
焦燥感から、精神的に追い詰められていくニナ。さらにニナとは正反対で、“黒鳥”役に
ぴったりの官能的なバレリーナ・リリーが代役に立ったことで、役を奪われる恐怖にも襲われる。
ニナの精神バランスがますます崩壊する中、初日は刻々と近づいてくる…。

バレエロスリラー。

近作ではマイティ・ソーでも活躍のナタリー・ポートマン主演のスリラー。
まさに"主役"として文句のないパフォーマンスに圧巻ですね。

脇を固めるのは若手スターミラ・キュニス(『ザ・ウォーカー』、『マックスペイン』など)、
ベテラン仏俳優ヴァンサン・カッセル(『オーシャンズ13』、『ジェヴォーダンの獣』など)、
ハリウッド系プッツン女優ウィノナ・ライダー(『スター・トレック』、『若草物語』など)、
といった実力派メンバーが揃っています。
主人公の母親役のバーバラ・ハーシーさんも大変良かったです。怖いし。

変身するということ。

成長って意外にしやすいんですけど変身は難しい。
今まで身につけてきたものや感じるもの、価値観や視点を変える必要があるからです。
今作は、ある権威あるバレエ団のプリマとなった主人公ニナの変身をめぐる物語です。

母親からの『期待と嫉妬』を背負い、同年代の女性と比べ束縛気味の環境の中で
生活してきたニナは、女性として自立した性格や精神力が欠如した繊細な女性。
物語上では、持ち前の実直さと正確さから白鳥役は美しくこなせる彼女ですが。
大胆さと妖艶さが必要な黒鳥役に感覚が届かず苦悩の日々を送るんですね。

そんな中、女性としての魅力や官能的なダンスをこなせるリリーとの出会いが
更にニナを追い詰めていくことになります。
そりゃそうですよね、自分に持ってない物を沢山持ってるライバルが現れるんですから。

人付き合いも苦手、そして他のメンバーの魅力や経験を理解出来ないニナに
リリーのダンスを吸収し学べるはずもなく、ライバルへの焦りだけが募ります。

正直この辺は観ていてイライラします。その辺がナタリーの物凄いところ。
映像的にも焦りや緊張感、可能性と戦う恐怖が伝わってきます。

中盤では変身というより別の精神に"飲み込まれる"という表現が合っている気がします。
だんだんと精神がすり減り、不可思議な現象に襲われ支えのない彼女は更に不安定に。

"破壊"

結果から言えば、彼女は立ちはだかる壁を"破壊"し打ち破ることで"変身"します。
第三幕で見事な"黒鳥"を演じ多くの観衆を魅了し、自らも成長を感じ取るニナ。
そして彼女は物語のフィナーレである第四幕へ向かう準備に入ります。

この時のナタリー・ポートマンの表情がとんでもなくすごい。
押さえようのない悲しみか、これまで感じたことのない喜びなのか。

その後、物語はフィナーレを迎え、大歓声の中閉幕するスワンレイク。
コーチ、ライバルダンサー、観衆、母親、全てを乗り越えたニナの心境はいかに…。
映画のラストはいくつもの受け止め方がある良作だと思います。

しかしこういう『演者が演者を演じる』二階層の映画って面白いんですよね。
一作で二度おいしい気分になります。
ギャラクシー・クエスト』なんかは『演者が演者をする演者を演じる』(わかりにくいかな)
三階層映画なので本当楽しいですよ。

ナタリー・ポートマン自身も近年かなり勢力的な活動で女優としてのレベルも
グイングイン上がっておられるように思います。将来は確実に大女優でしょうね。
気軽に『カワイー♪』『キレー!セクスィー☆』とか言えなくなりそうです。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
こんばんは~♪
この映画で、ギャラクエが出てくるとは…!(あの映画大好き♪)

ナタリー・ポートマンの女優力に圧倒される2時間でしたねー。
脇もいいんだけどね。
この映画は、改めて見直したいとも思っています。
なんていうのか、人がちょっとあぶない方向に精神がいってしまうような映画ってなんか好きなんですよね。母親の存在も面白かったです。

最近、ほんまにぼや~と毎晩過ごしてまして、未公開もん発掘の余裕なしです(笑)男前発掘もしてないしなぁ…。
世界侵略も興味あるんですが…映画館に行く気も下がってますよぉ。秋のせい?
Re: こんばんは~♪
>>ちゃぴさん

僕も浮いてるなぁとは思いつつそのままアップしました(笑)

がっつーんと見ごたえのあるスリラーでしたね^^
ディカプリオのシャッターアイランド的なジワジワ侵されていく感が
グッとくる作品です。(その上セクシーだし。。)

確かにそんな時期がありますよねぇ。
僕はとにかく最近眠たいです。いつでもどこでも眠りたい><
本当話題作の公開も多いのにどうしましょうね(笑)
Trackback
【ナタリー・ポートマン】ブラック・スワン【賞レース本命】 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1293014493/1 :名無シネマ@上映中:2011/05/13(金) 10:31:13.41 ID:pmU6Mn9t 純白の野心は、やがて漆...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。