HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  サスペンス・ミステリー映画  »  アウェイク

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

アウェイク

アウェイク Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)アウェイク Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2011/09/07)
ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

父親から莫大な遺産を継いだ若き経営者・クレイトンは、心臓に難病を抱えていた。
彼は秘書のサムと交際をしていたが、それを母親には言い出せないでいた。
サムに結婚をせがまれたクレイトンは、二人だけの結婚式を挙げる。その夜、
友人の心臓専門医・ジャックから、彼の心臓に適合するドナーを見つけたという連絡が。
母の反対を押し切って手術を受けるクレイトンだが麻酔中も意識は覚醒したままだった。
そして、メスで体を切る激痛が彼を襲う…!

ヘイデン・クリステンセン(『リセット』、『ジャンパー』など)
ジェシカ・アルバ(『マチェーテ』、『噂のアゲメンに恋をした』など)
テレンス・ハワード(『アイアンマン』、『ブレイブ ワン』など)
レナ・オリン(『カサノバ』、『ナインスゲート』など)
などの俳優陣で贈るサスペンス映画。

本格サスペンスかとおもいきや幽体離脱映画でした。

主人公クレイはニューヨークの多くの企業、また、海外企業を動かす大企業の
御曹司であり現役の経営者でもあるイケメンという映画の中のキャラクター
なみに反則キャラだが心臓に難病を抱え、日々心臓移植の機会を伺っていた。

母親の秘書でもあり献身的な女性サムと婚約しつつも多くの葛藤から長期間結婚を
先延ばしにしていたクレイだが、ついに母親へ二人の交際を伝え、結婚式を執り行う。

めでたく結ばれた二人のもとへ更なる吉報が。
心臓移植のドナーが見つかり、すぐに心臓移植を行いたいというのだ。
早速病院へ向かい手術台へ向かうクレイ、麻酔が始まりオペが遂行される。
しかし、体の自由を失いながらも彼の意識と痛覚は覚醒していた…。

『あれ?手術始まったけど俺起きてね?やばくね?』
『ちょちょちょちょおおおおまおまおままてててイダダダダダダダダ!!』


意識がありつつメスでバックリ切開され肋骨を開かれるクレイ。
この辺はかなり恐いです。でもあんまり痛そうに見えないのはセリフのせい?

最初は意識覚醒している自分に気づいて欲しい一心のクレイですが、物語は
急展開を迎えていく…。

ジェシカちゃんがちょっとアレですが驚きも多く面白い内容でした。
主人公のママ役のレナ・オリンが良くて映画をぎゅっと締めてましたね。
ラストは読めるものの伏線の回収のしかたも楽しかったです。
尺も短いので気軽にサスペンスを味わいたい時にお勧めですよ。

~~ 予告動画の後にネタバレあり ~~



術中覚醒が最大のテーマと思いきや予想と違うサスペンス内容にちょっとビックリ。
まさか手術メンバーが医療事故に見せかけて主人公がを抹殺しようとしているとは…。
これに気付いた後、幽体離脱して自ら伏線の回収をしていく主人公の映像は面白いですね。
ただ意識のある人との接触はできない彼ですが多くの裏切りを目の当たりにする彼からは

『ブルータスお前もか!?』
なんて声が聞こえてきそうです。

命の灯火が映像の中の明るさへ反映されているのはちょっと綺麗でしたね。
クライマックスで母親の愛を実感するシーンも良かったです。

演技はアレですがキュートなジェシカちゃん。今回は『アレ』な役どころ
でしたが、NGシーン集では可愛らしい表情が見れるので彼女のファンはぜひこちらも。
関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。