HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アクション・スピード系・アメコミ映画  »  マイティ・ソー

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

マイティ・ソー

マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2011/10/21)
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

神々が暮らすアスガルドの国では、全能の王・オーディンの息子・ソーの
戴冠式が行われていた。しかし、敵対する氷の王国・ヨトゥンヘイムの巨人が侵入し、
式は中止になる。腹を立てたソーは、オーディンの命に背き、ヨトゥンヘイムへ攻め込む。
その身勝手で傲慢な振る舞いに怒ったオーディンは、ソーを地の国・ミッドガルドへ追放する。
米国ニューメキシコ州の砂漠に落ちたソーは、宇宙物理学者のジェーンの車にぶつかり…。

超お手軽アメコミヒーロー。

クリス・ヘムズワース(『パーフェクト・ゲッタウェイ』、『スター・トレック』など)
ナタリー・ポートマン(『ブラック・スワン』、『Vフォー・ヴェンデッタ』など)
ステラン・スカルスガルド(『天使と悪魔』、『パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ』など)
アンソニー・ホプキンス(『ウルフマン』、『オール・ザ・キングスメン』など)
また、日本からは浅野忠信が出演しています。

むかーし昔、地球に侵略した氷の巨人をオーディン率いるアスガルドの戦士
が追い払ってくれたそうな。
その後、帰還した彼らは王国アスガルドで長く平和な日々を過ごし、平和な
暮らしをしておったのだが、ある時それもうたいそう腕白な王位継承者、
ソーという若者が生まれ育ったそうな。

「おっとう!おらが氷の巨人を滅ぼしてやるぞ!」
「駄目じゃ駄目じゃ、戦ばかりが平和への道ではない。もっと頭を使うのじゃ」

「おっとうは腰抜けじゃ、国民の笑いものじゃ、老いぼれじゃ!」
「ははワロス、マジ切れたわ、おまいガチで追放。」

ということで自慢のトンカチやパワーを失ったソーは地球へと追放されてきます。
この後、ナタリー・ポートマン演じるジェーンに出会うんですがこの辺のやり取りが
まさにキュートなんですよね。

馬鹿騒ぎして追放されたくせに可愛い女性の言うことは素直に聞いちゃうソー。
親父に怒られたのがよっぽど効いたのか、単に適応能力が高いのか。
その上ものすごく笑顔がキュートでそりゃもう科学者も一目ぼれするわ。

省エネ展開。

115分という尺の中でアスガルドとヨトゥンヘイムの戦いの歴史、隠れた陰謀、
地球でのドラマ展開、シールドをはじめとする『ジ・アベンジャーズ』への布石など、
多くの要素を盛り込まなきゃいけなかったものだからさぁ大変。

圧倒的な展開の早さとサブキャラクターの薄さを体感することができます。
特に今回の敵役ロキなんてアベンジャーズで大活躍しなきゃいけないのにちょっと
扱いが薄すぎるんじゃないの?

今作は戦隊もの的な描写も目立ちましたね。
アスガルドの皆さんもあのビジュアルですし、そろって地球を訪れた際も完全に
コスプレか北欧ヘビーメタルのジャケット状態ですよ。
確かに北欧の神話のキャラクターたちだけれども!

その上敵がビーム光線ぶっ放す巨大ロボットとかもうね、もうね。大好き。
その後の主人公のイージー展開には笑ってしまいます。

ともあれ今作は『馬鹿息子が色々揉まれていい奴になった』ぐらいに留めて
おいて、次回の『ジ・アベンジャーズ』でのおそらく収拾がつかないであろうお祭り騒ぎを
楽しみにしておきましょうか。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
こんばんは♪
コメントありがとうございました

笑顔がキュートで紳士然としていてマッチョな体で
そりゃ研究命のナタポーだってときめいちゃうわと納得の展開でしたね
明るくわかりやすいストーリーに役に立たない仲間達という図も
主人公の無敵っぷりをひきたたせるある意味いい味付けだったと思います
続編も決定してるそうで、楽しみです♪
Re: こんばんは♪
>>makiさま

こんばんは^^
いつも素敵な記事楽しませていただいてます><

本当愉快な仲間たちの空気っぷりには驚きましたね(笑)
続編とかナタリーは出てくれるんでしょうか。。
キャプテンアメリカも恐らくレンタル待ちなので今から
待ち遠しくてしょうがないです・・・。
No title
ソーの笑顔ってほんとにキュートですよね☆
いつかソーのイラストも描いてください!
Re: No title
>>白木庵様

ムキムキのツヤツヤボディにも関わらずあのキューティフェイス
ですからねぇ。惚れてしまいますよねぇ^^

じつは描きたくなったキャラクターです。
実際に描くときは二頭身キャラかもしれません(笑)



Trackback
ケネス・ブラナー監督作品。アメコミのマーベル・コミックが原作。 北欧神話でソーなんていたっけ?と思ったら、トールをモチーフにした創作なんですね、なるほど。別にトールでも良かった気がしないでもないけど、アメコミだから破天荒なストーリー展開が出来ますもんね...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。