HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ゾンビ映画  »  REC[レック:ザ・クアランティン] 2 ターミナルの惨劇

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

REC[レック:ザ・クアランティン] 2 ターミナルの惨劇

REC[レック:ザ・クアランティン] 2 ターミナルの惨劇 [DVD]REC[レック:ザ・クアランティン] 2 ターミナルの惨劇 [DVD]
(2011/10/26)
メルセデス・マソーン、ジョシュ・クック 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

十数名の乗客をのせた小型旅客機が、LAX(ロサンゼルス国際空港)を飛び立った。
機内では、CAのポーラとジェニーが接客業務に追われていたが、突然、乗客の一人の
大男が激しく嘔吐し、次の瞬間、操縦室に向かって突進するという暴挙に出た。
荒れ狂う男をなんとか取り押さえることに成功するが、正体不明のウイルス感染に
危機を感じた機長は、空港へ引き返し緊急着陸を決行。
ところが、ターミナルはすでに防護服に身を包んだCDC(疾病予防管理センター)および
警察部隊に包囲され、ウイルス感染への厳戒態勢がしかれていた・・・。

今度は空港だ!

密室でのパニック環境の中でオカルト要素を多く盛り込んだオリジナル版の
REC/レック2』とは一線を画する作品になっています。
また、POVショット(主観視点)をほとんど利用しないという思い切った
リメイクにより、なんだか別物の映画となっていますね。


それこそ、ほぼ完全にコピーしてしまった前作の続編となっており、
今作の最初の舞台となる航空機内では、前作で封鎖されたLAのアパートが
映しだされ、病原菌発生のニュースとして流れています。
ですので、時間軸的には前作とさほど変わらないんですね。

さて、まず序盤のシーンは航空機内から始まります、主に各キャラの設定と
病原菌の感染拡大を構築しています。
ある理由で当シリーズの凶悪ウィルスを媒介しているネズミに噛まれたデブが
発狂し、飛行中の機内で吐くわ暴れるわ噛み付くわの大騒ぎになるのですが、
この辺は各キャラの感染フラグが多すぎて混乱させてきます。

この事態にやっとこ緊急着陸した空港はお約束の封鎖状態。
空港からは人が消え、警察や特殊部隊によって人の出入りが出来ない状態に
されてしまいます。この辺りは緊迫感が出てきますよね。

その後、全身防護服の兵士が入ってきたり、実はこの中にバイオテロの犯人が
いるんじゃねーの的な疑惑要素
があったりするのですが、基本的には凶暴化した
感染者との戦いが中心となります。

でかいお化け屋敷アトラクション。

空港の、しかも貨物倉庫みたいな場所なのであまり馴染みがなく、どっから
何が出てくるのか、主人公グループが何をしているのかがわかり難くなっています。
そこで、それこそどこからとも無く現れる不親切な感染者との追っかけっ子を
するのですが、どうもこれがアトラクションっぽくなってるんですね。

その後も出口を探すサバイバルと『事の真相』に近づく描写が続きます。

結果、オカルトや宗教的な要素で『スピード感とおどろおどろしさ』を融合させた
オリジナル版とは違い、
今回の事件は人類を粛清したいテロ組織の仕業だったんだよ!
な、なんだってーー!

という感じのアメリカン仕様になってしまいました。
じゃあもうブルース・ウィリスやスティーヴン・セガールに解決してもらおうよ。

また、特にオチのないラストを迎えてしまったのですが、オリジナル版の三作目が
出た時にはどうなってしまうのでしょうか?

ひとり歩きを始めたハリウッド版がどこへ向かっていくのも楽しみです。

ちょっと小賢しい脚本ですがシリーズのファンやゾンビファンなら余裕の質感です。
お化け屋敷映画として素直に楽しむと良いのではないでしょうか。



関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。