HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  マンドレイク 人喰い植物のえじき

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

マンドレイク 人喰い植物のえじき

マンドレイク~人喰い植物のえじき~ [DVD]マンドレイク~人喰い植物のえじき~ [DVD]
(2011/11/02)
マックス・マーティーニ;ベッツィ・ラッセル;ベニート・マルティネス

商品詳細を見る


★★★☆☆

大富豪ハリーに雇われた探検家の一団は、南米のジャングルへ足を踏み入れる。
彼らはそこに眠る伝説の剣を見つけ出し棺から取り出す。しかしそれは原住民の
怒りを買い、命を狙われることに。そのうえ、ジャングルには何かが潜んでいた…。

安心の安定感。

Syfyチャンネルのモンスタームービーです。
ある大富豪の依頼を受けた探検メンバーが、中世時代にスペイン人の征服者が
残したナイフを探索します。
マッチョ、チャラ男、おばさん、メガネと個性的なメンバーが、大富豪に雇われた
伝達役のお姉さんの指示に従ってジャングルの奥深くへと入っていきます。

何やら不穏な空気を感じつつも明らかに軍隊上がりのマッチョが気転を
きかせつつ、学者グループの活躍もあってあっさり目的のナイフを見つけます。
しかし、目的のダガーがあるのは棺桶の中、そして中や外には古代の文字で
『ナイフ このままに 災い 死 かゆいうま』的な文章がありもう呪われる
感じまんまんです。

するとチャラ男ガイドすらビビる中、空気を読まないメガネがスポッとナイフを
抜いてしまいました。こらこらはしゃぎすぎだぞー。

写真を送ると大富豪も大喜び。みんなもあっさり報酬が決まってにっこり。
しかしそこに登場したのが武装した原住民、もちろん話は通じない。

一行の中で一番どん臭く、あっさり捕まってしまったメガネが出会ったのは
同じく大富豪が雇った探検隊の生き残りの女性。
まもなく彼女は『人喰い植物』への生贄として捧げられてしまう…。

果たして原住民と人喰い植物の関係は?棺桶のナイフの正体は!?

つまるところあのナイフはかつて侵略者を退治する森の神として崇められた
"植物のお化け"を封印していたナイフなんですね。
すでにそれは荒神と化し、原住民だろうが探検者だろうがお構いなしに襲います。
差別主義が生き残る現代において中々筋の通ったやつじゃないですか。

終始おふざけ無しで最後までなかなかシリアスな展開。
CGのレベルも低くはなく、安心して楽しめるクオリティかと思います。

一応一つの時間軸に対して色んなキャラクターの場面が並行するので
各所きちんと観ておきたいところです。


関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。