HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ドラマ・ラブストーリー・感動映画  »  ヒア アフター

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ヒア アフター

ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]ヒア アフター ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
(2011/10/05)
マット・デイモン、セシル・ド・フランス 他

商品詳細を見る


★★★★☆

ジャーナリストのマリーは、東南アジアで津波に飲み込まれ、呼吸が停止した
時に不思議な光景を見る。サンフランシスコ―かつて霊能力者として働いていた
ジョージ、今では工場に勤めている。ロンドンで暮らす少年マーカスは、突然の
交通事故で双児の兄を失う。兄を思うマーカスは、霊能力者を捜すうち、
ジョージのWebサイトに行き着く。一方、マリーは臨死体験を扱った本を書き上げた。
やがて異なる3人の人生が交錯する日が来る…。

ご存知マット・デイモンさん主演の不思議系ドラマです。
日本では作中の大津波のシーンが理由で公開、発売が伸びていました。
作中のCGやロケーションは迫力がありますが違った感情が湧いてきますよね。

あなたの知らない世界。

主人公の一人、マット・デイモンは幼少期に脳脊髄膜炎で生死の境を彷徨い、
その後『死後の世界』と交流できる能力を授かります。
一時は商売としてこの能力を利用していた彼ですが、本人はこの力を『呪い』
だと認識し、普通の生活を送ることで封印したがっています。

また、ジャーナリストのマリーは滞在先の東南アジアで大津波に飲み込まれ
たことで『死後の世界』に触れ、大衆に伝えようとしますが理解を得られずにいます。

三人目の主人公マーカスは突然の事故により、自身の最大の理解者であり擁護者
でもある双子の兄を失ってしまい、彼と話したいがゆえに様々な方法で『死後の世界』
に触れようとしています。
女優のセシル・ドゥ・フランスさんはフランス産ゴア映画『ハイテンション』の
主人公だったイメージが強いのでなんだか…うん、なんだかでした。


国籍も生活もなにもかも違う三人が、『死後の世界』を通じて出会い、そして
未来に向かって歩き出すまでを描いた作品でした。
また、本作、色んな解釈があってよろしいかと思います。

宗教性を省いたの中での死の世界の描き方。

進行によって死への恐れはなくなります。アーメン。
などという作風では決してありませんが、本来オカルト分野である『霊能力』を
肯定して造られた作品となっています。

誰もが一度は考える死後の世界のあり方を今更こういった作風で映像化
するというところに、クリント・イーストウッド監督の年齢や思いが
込められているのかもしれません。
何でも肯定ではなく、大抵の霊能力者はインチキとする皮肉な描写も良いですね。

『死後の世界=過去』との交流によって『未来』を見つめるストーリーですが、
色んな苦悩や思いが交錯しつつも全体的に見やすい流れだったかなと感じます。

見所はなんだか本当に重荷を抱えていながら自らの趣味にもこもりがち、
でもけして人嫌いではなく、人間臭い主人公を演じきったマット・デイモン。
そして料理教室周辺のシーン。マットと少年の交流シーンとラストシーンでしょうか。


死んだら何もかもがスパッと終わり、後も先も無く終わるだけ。
そう考えると恐いですし寂しいですね。
そういうテーマがお嫌いじゃない方はぜひ。マットファンにもお勧めです。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。