HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ドラマ・ラブストーリー・感動映画  »  (500)日のサマー

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

(500)日のサマー

(500)日のサマー [Blu-ray](500)日のサマー [Blu-ray]
(2010/12/23)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル 他

商品詳細を見る


★★★★★

建築家を志しながらもカード会社でライターの職に甘んじているトムは、
運命の恋を夢見るロマンチスト。いつか素敵な恋人に出会えるはずと信じていた。
そんなトムの前に新入社員サマーが表れる。彼女を一目見た瞬間に恋に落ちたトム。
サマーもトムに好意を抱き、2人はデートを重ねるが、彼らの間には大きな壁が
立ちはだかっていた。トムと違って、サマーは真実の愛なんてものを、これっぽちも
信じていなかったのだ。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット(『インセプション』、『G.I.ジョー』など)
ズーイー・デシャネル(『ハプニング』、『銀河ヒッチハイク・ガイド』など)
クロエ・グレース・モレッツ(『キック・アス』、『グレッグのダメ日記』など)
らが贈るセンチメンタルなドラマ。

男性目線と女性目線で大きく違う映画では?

真面目でロマンチストなトムが出会ったのはキュートでユーモアに
あふれた女性サマー。一気に彼女に惹かれていくトムとそんな彼に
『好意』を持ち始めるサマー。

「本気の付き合いでは無く、ライトな付き合いを」

という誓約のもと付きはい始める二人。共通の趣味や楽しい心の交流を
楽しむ彼らだが、常に決定的な違いが存在しているんですね。

ロマンチストで夢想家なトムはサマーこそが自分にとっての運命の相手
だと感じている一方、サマーはリアリストでドライな性格ゆえ、『運命の出会い』
なんてものをはなっから信じてはいません。
むしろ本気の恋愛で男女がのめり込んでいくことは自らのキャリアの障害だとも
感じています。

この彼らの交流を、時間軸を前後しながらコミカルに、ドラマティックに描いた
のがこの『500日のサマー』。通常時間軸が前後する映画はやや見難く、時に
苦痛を与える手法でもあるのですがこれがまた本当に上手に描かれています。
本当もうこんなに面白い映画だとは思ってなかった。すいません。

主人公トムの描き方。

男性はどうでした?彼の印象。
そりゃ一目惚れレベルの彼女ですもん。『ライトな付き合いで』なんて言われても
『まぁちょっとずつ仲良くなれればいいや』なんて気持ちで付き合っちゃいますよね。
でも気づけばなんだか満足できない。自分がどれだけ愛を注いでもその気持が帰って
来ることはないんです。色んな感情が湧きますし時にワガママにもなるでしょう。
この主人公の場合は実に素直で自分の恋愛を歳の離れた妹に相談しちゃうレベル。
この辺りでもすごく主人公の性格が伺えますし応援してやりたくなります。

サマーの描き方。

僕的にはちょびっとだけ似たような経験があるからか
『ムキーー!んまーー嫌な女だことーーー!!!!』
と、思うこともあったのですが全体的に嫌味がなくキュートで正直な女性。
相手に苦痛を与えてしまっている自分にも気づいているのですが、
彼女はその向こう側にあるイメージを常にみつめているんですね。
非常に絶妙なキャラです、本当もう制作側がニクい!

トムの妹レイチェルについて。

激カワ。


と、言うことで散々物語を前後させた上に多くの技法、素材が光る良作です。
物語の最期にはオチまでつけてくる憎さ。
確かに納得行かないことや『ちょっとあんた!そりゃぁ酷いんじゃないのかい!?
ということもありますがそれこそ人生でしょう!青春でしょう!

色々と酸いも甘いも乗り越えた大人な貴方へ特にお勧めしたい一作です。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
No title
おぉ~!★5つ付きましたか~♪
男性目線の恋愛映画って無くはないけどあんまり見かけないですよねー
(「ハイ・フィデリティ」とかかな?)
男子のこんなほろ苦い感じも興味深くて、私もとても気に入っています。
でもただのジョセフにメロメロ病かもしれません(笑)
 >酸いも甘いも乗り越えた大人な貴方へ
フフフ...確かにちょっと余裕があった方が楽しめるかもしれないですね^^

「ショーン・オブ・ザ・デッド」すっごく楽しめましたよ♪お薦めありがとー!
Re: No title
>>Jonathanさま

いつもありがとうございます><寒くなりましたねぇ…。

実はこの作品は「お気軽映画日記」で記事を見てずっと気になっていたのです!!
この主人公かなりリアルな草食系だと感じました~。
彼女も現在の時代には多そうな感じ?なのかな
『うきー!』『むっきー!!』ってなりながらも終わった後
すごくのめり込んだ自分を発見してしまった作品です☆

もし恋愛に余裕が無い時に観ちゃうと…夜中走りだすかも(笑)

「ショーン・オブ・ザ・デッド」なによりです(^^)
また安心してお勧め出来る作品があればお勧め致します!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。