HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  アンダーグラウンド

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

アンダーグラウンド

images.jpg


★★★☆☆

封鎖された軍事基地に閉じ込められた男女が、闇の奥に潜む“何か”に襲われる
恐怖を描いたショッキングスリラー。パーティーで騒いでいたマッドたち8人は
ギャングとの諍いから地下の基地内部へ逃げ込むが、ビリーが突然見えない
“何か”に惨殺され…。

暗い。

決して悪くはないが決して良くもない作品です。

冒頭、何かの掃討作戦中の兵士たちが、その対象の反撃を受けて全滅します。
そしてこの軍事基地は封鎖され、幾つか月日が経過します。
そして現在。なんということでしょう。封鎖された基地も今では立派な
パーティー会場へ様変わりし、酒やドラッグ、激しいビートで大盛り上がりです。

主人公の若者一行もパーティーを楽しんでいましたが、ギャングとの喧嘩に
巻き込まれて逃げ込んだ地下へ閉じ込められてしまいます。
外部と連絡も取れず、見つからない出口を探して右往左往する彼らに真の
恐怖が襲いかかります。

あらすじでは“見えない何か”に仲間が惨殺されるとありますが、姿形は
はっきりしています。デビルとかゴブリンという表現が合うかもしれません。
素早く、パワーもあってタフ。どこのB級映画にも出てきそうな感じで代わり
映えのしない人型モンスターさんでした。


それぞれのキャラの個性が弱いのが痛い。

こういうB級作品ってクリーチャーやスプラッター描写も重要ですが
やっぱ主人公グループの個性とかキャラクターって大事じゃないですか、
「あ、こいつはとっとと死んでほしいな」「この子は生き残って欲しいな」
とか勝手に思いながら楽しむのが醍醐味だと思うんですよ。

しかしながらこの作品はなんだかどれがどれだか分からないキャラが
暗がりで淡々と減っていく感じなのでイマイチ盛り上がりに欠けます。
ありゃ、それとも僕が酔ってただけかな。

良かったのはもともとバイオソルジャーとして造られたクリーチャー
達の生みの親が登場するところ。どうやって暮らしてるのかはちょっと
わかならいながらもなかなかサイコなやつで楽しませてくれます。
ラストでも映画にスパイスを与えてくれたのが嬉しいところですね。

まぁなんというか映画の8割はどこかで見たような感じの内容です。
この映画独特の描写や怖さというのは少ないですので、その点を踏まえて
『今夜はかるーくスプラッターでも楽しもうか』ぐらいの気持ちでどうぞ。





関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。