HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  アクション・スピード系・アメコミ映画  »  ドライブ・アングリー

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

ドライブ・アングリー

ドライブ・アングリー [Blu-ray]ドライブ・アングリー [Blu-ray]
(2011/12/22)
ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード 他

商品詳細を見る


★★★☆☆

カルト教団によって娘を殺され、儀式のいけにえにするために孫娘まで
誘拐されてしまったジョン・ミルトン。地獄から脱獄してきた彼は、
カルト教団の指導者、ジョナ・キングとその教団に復讐を誓う。浮気した
婚約者に別れを突きつけた若くてセクシーなウエイトレス、パイパーの
手を借りて、ミルトンは次々と立ちはだかる敵対者を倒して復讐の旅を続ける。
そんな彼を追うFBIを名乗る謎の追跡者も加わり、攻防戦は激化していく……。

ニコラス・ケイジ(『キック・アス』、『魔法使いの弟子』など)
アンバー・ハード(『ゾンビランド』、『スモーキング・ハイ』など)
ウィリアム・フィクナー(『デート & ナイト』、『ダークナイト』など)
ビリー・バーク(『トワイライトシリーズ』、『炎のメモリアル』など)
など、割りと豪華なメンバーで作られたB級アクション。

お口がアングリー。

はっはっはっ。前情報一切なしで借りたんですがなかなか飛んだ
設定がされている映画でございますね。

冒頭、ニコラス・ケイジ扮する主人公ミルトンは武装した集団をカーチェイス
の末に追い詰め、目的のための情報源となる人間以外の全員を射殺。
その後、情報収集と移動手段の確保のため立ち寄ったレストランで若い
ウェイトレス・パイパーと出会う。

彼女の車を修理し、目的地の途中まで同乗したミルトンだが、浮気した
恋人に暴行されそうなパイパーを救ったことから行動を共にすることに。

そんな彼らの後を不気味に追跡する男が一人。
穏やかな外見に隠された人間離れした能力を操るこの男は一体何者なのか。

一方、旅の途中のモーテルで謎の集団から襲撃を受けるミルトン。
彼らこそがミルトンの娘夫婦を殺害した犯人であり、孫までも悪魔崇拝の
生贄にしようとしているジョナ・キング率いるカルト教団の一味だった。

彼は儀式の時である満月の夜までに孫を取り戻すことができるのか。

ニコラスの仕事を選ばないっぷりは素晴らしい。

おいおい、髪がふさふさなキャラクターなら何でもいいのかニコラス。
今回は文字通り地獄から舞い戻った不死身の男を演じています。
この辺は割りと面白いエンタメ設定なのですがバックヤードが曖昧で
イマイチのめり込めないんですよね。


不気味な追跡者、ウィリアム・フィクナー演ずる"監視役"も本当良い感じに
スタイリッシュなキャラクターだっただけに裏付けが弱いのは残念。

アンバー・ハードが演じた男勝りな一方セクシーでキュートなパイパーも
ちょっと活躍に欠けてしまっています。だいぶ頑張ってはいましたけど。
あと大好きなデイヴィッド・モースの登場にもびっくりしましたが、彼の
太りっぷりにさらに驚きました。


突っ込みどころが多く、時間の割にだいぶ説明を省いた不親切設計。
また、かなりの厨二設定の上に粗めのCGとお粗末な感じが拭い切れない作品
ですが、有名俳優によるちょっとした遊び的な作品として観れば楽しめるかも。

モンスターエンジンのネタのように。
『暇のある、有名俳優の、遊び』
ってな感じでいかがでしょう。

本格的に厳しい寒さがやってまいりました。
私の住む土地では連日の降雪ですが皆様はいかがでしょうか。
どうかお体をお大事に。良い年末を迎えましょう。




関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。