HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  B級エイリアン・クリーチャー・ヴァンパイア映画  »  人喰い怪物ゴブリン

洋画中心の映画感想サイト。 島根の田舎者が運営する酔いどれ映画レビューブログです。 ハリウッドのA級映画からB級映画まで幅広くレビュー☆ アクション映画、ゾンビ映画、モンスター映画、ミステリー映画、パニック映画、 コメディ映画、恋愛映画などなどなんでもござれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

人喰い怪物ゴブリン

人喰い怪物ゴブリン [DVD]人喰い怪物ゴブリン [DVD]
(2012/01/06)
ギル・ベローズ、トレイシー・スピリダコス 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

ハロウィンを目前にしたある日、一家は静かな田舎町にやってきた。
一見穏やかであるが閉鎖的な住民たちは、一家の赤ん坊を見て態度を変える…。
この町には暗い過去にまつわるある伝説があったのだ。ハロウィンの日に、
ゴブリンが人を殺して赤ん坊を奪いにくるというのだ。そして森に囲まれた
彼らの家に、何かが襲い来る…。

なんだかシュールなジャケットですね。
『ウガァァ』の字体がジョジョっぽいです。
ついでですがジョジョの荒木先生、心からお慕いしております。

さて、冒頭、大昔に行われた不浄なものを炎に入れて燃やすという
儀式が行われております。『枯れたトウモロコシか、燃やせぃ!』
『次は腐ったりんごか、燃やせぃ!』と非常に地味でシュールな映像ですが、

その次に出てきたのはなんと赤ん坊。『出来損ないは不幸を招く、燃やせぃ!』と
テンションマックスな女首長により強制的に燃やされる子供…。
しかし、この子の母親こそが魔女であり、呪いの呪文により赤ん坊を
怪物ゴブリンとして復活させるのであります。

時は流れ現代、この呪われた地へやって来るのは、父親と娘、そして
継母とその赤ん坊というちょっと複雑な環境にある一家。
しかしこの土地にはハロウィンの時期に赤ん坊をさらいにゴブリンが
やってくるという呪いがかかっているのです。

まぁ、あれだ、みんな引っ越せよ。
っていうか住むなよ。


なんてな事を言ってはいけません。その辺は大人の事情でカバーしてイッテQ。

上手く家族と馴染めない上に赤ん坊の子守を任される事になった長女(ヒロイン)
の元にやってくるのは同世代の友人たち。
なんだか速攻で始まる恋物語など、ヒロインが楽しい時間を過ごすのもつかの間、
ヤツが唐突に彼らの元へやってきます。

ビジュアルは背の高いヨーダといったところでしょうか。
黒いフードマントを羽織っているので余計にフォースの力を感じますね。


速攻で何の罪もない若者たちを死に至らしめるその姿は非常に残忍です。
というか今作は無意味に罪な無いキャラが殺されまくるのでやや不快でした。

こうして謎の事件に巻き込まれる彼らは無実の罪を着せられたりとバタバタ
するのですが、最終的には謎の酔いどれ親父と共にゴブリン退治に乗り出します。
この親父が手にするのがゴブリンに対抗する唯一の武器なのですが

非常にしょぼい。しょぼすぎる。

お前それ竹槍の方がだいぶましなんじゃねぇのかと言いたくなるほど。
こんな装備ではファイナルファンタジーの雑魚キャラゴブリンですら倒せそうにないぞ。

まぁそんなこんなですが、ちょいちょい見所は用意されている怪物ドラマでした。
エンドロールにSyFyと出ていたので向こうの映画ちゃんねる用の作品なんでしょうが
流血シーンなどは多いのでご注意下さい。

関連記事




イラスト履歴はこちら
ジャンル別お薦め映画はこちら

Comment
No title
なんですか、この映画(笑)
また、マニアックですね~。
完全に、ジャケ写を狙ってますね。

なるほど、映画チャンネル用ですか。
それなら納得!

たまに出る、shimanemanさんのマニアック映画のレビュー、何気に楽しみです。
また、マニアックな作品楽しみにしてますよ!
Re: No title
>>とらさま

ありがとうございます^^
やっぱこういったイロモノな作品って外せないです(笑)
最近は諸事情でめっきりヘリましたがこういうBクラスの作品を
酒の摘みにするのは至上の喜びでございまする。

ぜひ今後ともよろしくお願いいたします♪
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


プロフィール

shimaneman

Author:shimaneman
飲みながら映画を楽しむブログ★
レビューやハリウッド俳優のイラストで埋めていきたいです。
映画好きのアナタをお待ちしています☆
コメント・トラバ大歓迎。
通りすがりの映画好き様の為のブログでございます。

評価について:
★:これはひどい
★★:まだ救いようはある
★★★:普通に楽しめる
★★★★:好き、興奮する
★★★★★:神、観ながら悦
(注:B級は「B級としての」評価を行っています)

カテゴリ
最新コメント
コメントありがとうございます^^ 楽しくお話しましょう♪
最新記事
TweetsWind
作品の検索にどうぞ
RSSリンクの表示
LINK&FRIENDS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ☆
MOVIE FAN LINK
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。